NGT48山口真帆「暴行裁判」と嵐に「爆弾写真」ダブル流出危機!?

NGT48山口真帆「暴行裁判」と嵐に「爆弾写真」ダブル流出危機!?

日刊大衆

 2019年5月にNGT48を卒業した山口真帆(24)。昨年12月、ファンの男性から暴行を受けた事件をめぐり、AKB48グループの運営会社が犯人グループを相手に損害賠償を求め、係争中だ。

 そんな裁判に衝撃的な展開が待っていると、全国紙司法担当記者が耳打ちする。

「次回の裁判が2020年の1月29日に行われるのですが、そこでの資料請求で“衝撃写真”が提出されるのではないか、と囁かれているんです」

 その驚くべき写真とは?

「一説には、犯人グループと“大物メンバーとのセックス写真”ではないか、と噂されているんです。この写真が、メンバーとのつながりを主張する犯人グループの切り札だとも言われていますね」(前同)

『週刊大衆』取材によると、写真は複数枚存在するともされている。

 一方、芸能スキャンダルとして今、業界内で危惧されているのが、20年末に活動を休止する嵐の爆弾写真の流出危機だという。

 詳しくは12月23日発売の『週刊大衆』1月6・13日号をお読みください。

関連記事(外部サイト)