ベッキー、祝出産もママタレは厳しい?矢口真里にもまだ吹く大逆風!

ベッキー、祝出産もママタレは厳しい?矢口真里にもまだ吹く大逆風!

日刊大衆

 3月17日の『日刊スポーツ』にて、タレントのベッキー(36)が第1子を出産したことが報じられた。ベッキーは2019年1月に読売ジャイアンツの片岡治大(37)2軍内野守備走塁コーチと結婚しており、同年11月には、妊娠が報じられていた。

「ベッキーの出産は、とてもおめでたいニュースですよね。SNSでは祝福の声が多く上がっていますし、芸能人では占い師でタレントのゲッターズ飯田(44)なども、ツイッターで祝福のコメントをしていますよ」(芸能ライター)

 今回の出産を機に、“ママタレント”としての活躍も期待されるが、ベッキーのママタレ化は世間に認められるのだろうか。

「子どもを出産した女性芸能人にとって、“ママタレ”は非常に魅力的なポジションです。育児や料理をテーマにした企画に呼ばれやすくなるし、たとえば辻希美さん(32)のように自分のSNSに子どもがらみの写真を投稿することで話題になることもある。そのため、そのポジションを狙う人は多いのですが、ここ最近は、飽和状態の市場でもありました。

 しかし、2019年10月に木下優樹菜さん(32)が“タピオカ店恫喝騒動”でイメージが急落したり、今年3月にはママタレ界のエース・小倉優子さん(36)が離婚危機を報じられたことで、上位の椅子に空きができつつある。もしかしたらベッキーさんはそこを狙いたいのかもしれませんが、かつての騒動がいまだに尾を引いていますからね……」(女性誌編集者)

関連記事(外部サイト)