志村けんリアル“加トちゃんケンちゃん”若き日の絆エピソード

志村けんリアル“加トちゃんケンちゃん”若き日の絆エピソード

日刊大衆

 志村けんさん(享年70=以下、一部敬称略)にまつわる秘話は尽きない。

 ここに一冊の書籍がある。ザ・ドリフターズを極めて間近で見ていた人物が明かした、下積み時代の仰天エピソード満載の書籍『8時だョ!全員集合伝説』だ。今から約21年前、双葉社より発売された。

 著者は居作昌果(いつくり・よしみ)氏。2005年に71歳で他界した同氏は、『8時だョ!全員集合』(TBS系)のプロデューサーであり、いかりや長介(享年72)らザ・ドリフターズのメンバーとともに、怪物番組を作り上げた当事者だ。彼の目から見た志村けんとは――。

 高校時代から、いかりや長介のバンドボーイ兼付き人のような立場である“ボーヤ”になった志村けん。志村が過酷なボーヤ生活を続けて1年半がたった69年10月から『8時だョ!全員集合』が放送開始となる。しかし、19歳の志村の気持ちは晴れなかった。

〈コメディアンになるために苦労しているはずなのに、そのチャンスも、きっかけもみつからない。師と選んだいかりやも、何も言ってくれない。あせり始めた血気盛んな志村は、ボーヤ仲間を誘ってドリフを離れ、旗揚げしようと考えた〉

 悩んだ志村は脱走してしまう。

〈ところが、コンビで旗揚げするつもりだった仲間のボーヤが、いつまで待っても一向に脱走してこない〉

 相棒候補の翻意により、志村はやむなく他の仕事で生活費を稼ぐことに。そんな生活がしばらく続いた。だが、それでは、なんのために脱走したか分からない。そこで……。

関連記事(外部サイト)