ダレノガレ明美激怒!「フェイクニュースはなぜ世の中に出たのか!?」

ダレノガレ明美激怒!「フェイクニュースはなぜ世の中に出たのか!?」

日刊大衆

 一部ネットメディアで薬物疑惑をかけられたモデルでタレントのダレノガレ明美(29)。ダレノガレはこれに猛反発し、潔白を証明するため、毛髪検査用に自らの髪の毛1000本を提出したと報じられた。

※動画は「taishu.jp」で

 これに対し、報じた側のメディアは当該記事を取り下げ、取材不足を陳謝する展開に。しかし、ダレノガレ側はまだまだ納得がいっていないようだ。

 果たしてこの騒動はなぜ、どのように起こったのか、近年薬物問題でメディアを騒がせた「ある人達」にも言及しながら、このほど大人気企画『日刊大衆プレゼンツ 芸能ぶっちゃけ座談会』にて徹底解説した。

 座談会では、万が一名誉棄損の裁判になった場合どういう展開になるのか、過去の大物タレントの例もあげて解説。また、この手の報道で、老舗メディアの東スポ(東京スポーツ)が魅せる「良記事の書き方」についても識者ならではの考察を展開した。

 出演は、芸能リポーターの佐々木博之氏、AKB48の論客として知られる芸能評論家の三杉武氏。そしてメディアジャーナリストの浦憲三氏が音声のみで登場。司会と進行は、地方局で活躍し、日本テレビアナウンサー・水卜麻美(33)に似ていることから、「ケーブルテレビの水卜ちゃん」と呼ばれているフリーアナウンサー・花崎阿弓がつとめた。

 また昨今の状況を鑑み、今回も収録では出演者同士のソーシャルディスタンスをとるようにし、分割画面でお送りする。

 その気になる内容については、以下の動画でぜひご確認を!

https://youtu.be/40Js1KoKGVQ

関連記事(外部サイト)