ここに注目!『半沢直樹』が“100倍返し”で楽しめる視聴ガイド

ここに注目!『半沢直樹』が“100倍返し”で楽しめる視聴ガイド

堺雅人

 堺雅人(46)主演のドラマ『半沢直樹』(TBS系)が旋風を巻き起こしている。7月19日から放送がスタートすると、第1話から3話まで20%超え。今年放送されたドラマで、1位の高視聴率をマークしているのだ。

「コロナ禍でモヤモヤがたまっている今だからこそ、ウケているんでしょう」

 こう語るのは、昭和文化研究家のミゾロギ・ダイスケ氏だ。続けて、

「連続ドラマですが、1話ごとにスカッとさせてくれる現代版の痛快時代劇。腹黒い連中からひどい仕打ちを受けた半沢が“やられたら、やり返す。倍返しだ!”と決めゼリフを言った後、反撃に転じる。桃太郎侍や暴れん坊将軍が、見得を切った後に悪者を成敗する、まさにあの感覚です」

 どこから見ても楽しめる爽快さがあるという。そこで『週刊大衆』は、まだ見ていない読者のために、視聴が100倍楽しめる裏ガイドを用意した。

 まずは、ここまでの人間関係を押さえておきたい。

「2013年放送の前作は『東京中央銀行』の半沢が、かつて自分の家族を窮地に追い込んだ同銀行の常務・大和田暁(香川照之)に、復讐を果たす物語。決めゼリフの“倍返しだ!”は流行語にもなりました」(テレビ誌ライター)

 その最終回、大和田の不正を暴き、土下座させるシーンは、あまりに有名だ。
「しかし半沢も無傷ではなく、子会社『東京セントラル証券』に出向。一方の大和田は、降格のみで出向はなし。それを決めたのが頭取の中野渡謙(北大路欣也)です。だから今作で大和田は“頭取派”になっているんです」(前同)

 今作では、出向した半沢が、親会社の東京中央銀行に新たな闘いを挑む様が描かれている。豪華な顔ぶれの出演陣が、前作以上に感情を揺さぶる演技を見せていると評判だ。その魅力のひとつに“濃さ”がある。

「主人公の半沢をはじめ、登場人物は曲者ばかり。しかもアップのシーンが多く、“顔芸”がドラマの大きなウリになっています。今作でいえば、新たな敵役、伊佐山泰二を演じる市川猿之助。歌舞伎の舞台のような演技で、迫力がすごいんですよ」(女性誌記者)

 確かに、第2シリーズでは、歌舞伎役者が絶妙なスパイスになっている。

「続投組の香川、片岡愛之助に加え、猿之助、尾上松也と、今作には4人の歌舞伎役者が出演中。誰もがキャラが濃くて、ドラマに引き込まれる。第2話の終盤で、伊佐山が半沢相手に“詫びろ”を連呼するシーンなど、憎たらしいセリフ回しプラス顔芸に、思わず“澤瀉屋!”と叫びたくなりましたね(笑)」(前同)

 また、前出のミゾロギ氏は、『半沢直樹』の“時代劇のような分かりやすさ”にも、彼らが一役買っていると話す。

「香川照之は父親が先代の市川猿之助で、今の猿之助とはいとこ。また、北大路欣也は歌舞伎出身の時代劇スター、市川右太衛門の長男です。気心の知れた仲の、彼らの空気が“往年の時代劇感”を生んでいるのかもしれません」(同)

 この続きは現在発売中の『週刊大衆』8月24日・31日号で。今週も『半沢直樹』が楽しみだ。

関連記事(外部サイト)