東出昌大、鈴木杏樹に渡部建、「スキャンダル芸能人」の騒動のその後

東出昌大、鈴木杏樹に渡部建、「スキャンダル芸能人」の騒動のその後

東出昌大(左)と唐田えりか

 8月1日、離婚を発表した東出昌大(32)と杏(34)。1月に『週刊文春』が東出と若手女優の唐田えりか(22)の“3年不倫愛”を報じて以降、別居状態が続いていたが、結論が出た形だ。

「東出は公開中の映画『コンフィデンスマンJP』の宣伝活動でメディア露出が増えていますが、それまでは謹慎状態で、心理学関係の本を読みまくっていたそうです」(芸能記者)

 気になるのは自由の身となった東出と唐田の今後だが、ワイドショー関係者は復縁の可能性を示唆する。

「3月の会見で東出は、レポーターから“杏と唐田、どちらが好きか”と問われ、沈黙後、“答えられない”と回答しました。普通、妻だと言いますよね。東出は“嘘はつかない”と決めて会見に臨んでいたようで、唐田が好きだけど、そうは言えないので、ああいう答えになったんです。3年愛は“浮気”じゃなくて“本気”。唐田と復縁する可能性は大ですよ」

 当の唐田は「所属事務所が契約するマンションに身を隠している」(前同)とのことで、復帰は未定。障壁があるからこそ、愛は燃え上がるのかも!?

 同じく文春砲で、喜多村緑郎(51)との不倫が報じられた鈴木杏樹(50)は、「コロナが落ち着いたら、海外渡航を予定している」(前出の芸能記者)という。

「彼女は死別した夫の母親と同じマンションに住んでいますが、不倫中は、そこから車で3分ほどの高層マンションに別宅を借りる予定だったとも。ロマンチックな場所で、愛を育くみたかったんでしょうね。杏樹は男性経験が乏しく、乙女チックな性格のようですね」(前同)

 一方で喜多村は、「所属する芸能プロダクションの社員の名刺から、彼の名前が消えていた」(スポーツ記者)というから、やはり不倫の代償は大きかったようだ。

関連記事(外部サイト)

×