北大路欣也、高橋英樹も!「75歳超えスター芸能人」の「元気の秘訣」

北大路欣也、高橋英樹も!「75歳超えスター芸能人」の「元気の秘訣」

画像はイメージです

 7年ぶりに続編が制作された超人気ドラマ『半沢直樹』(TBS系)で、作品に重厚感を与える存在感を発揮しているのが、「東京中央銀行」頭取役の北大路欣也(77)だ。

「この7年間で、菅原文太さん、松方弘樹さん、梅宮辰夫さん、渡瀬恒彦さん、加藤武さん、宍戸錠さんら『仁義なき戦い』シリーズの出演俳優たちが次々と旅立っていった。これを考えると、欣也さんの元気さは驚異的です」(映画関係者)

 なんと『半沢直樹』だけではなく、同時期の連ドラ『刑事七人』(テレビ朝日系)にも掛け持ち出演。また、今年公開のヒット映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』にも顔を出し、お父さん(犬)の声を担当するソフトバンクのCMも継続と、八面六臂の大活躍なのだ。なぜ、77歳にして、ここまで精力的に働けるのか?

「若い頃、高倉健さんに誘われて、当時としては珍しかったスポーツジムでトレーニングをしていた欣也さんは、今も運動を欠かさないとか」(前同)

 そうした肉体の鍛錬ももちろんだが、コンディション維持の最大の秘密は、その住環境にあるという。「子どもがいない欣也さんは5年ほど前から、奥さんと2人で老人ホームで生活しているんです」(同)

 現役スターが老人ホームというのは意外だが……。「といっても、そこは都内一等地にあり、初期費用ウン千万円、プール、大浴場、バーラウンジなどもある超リッチ施設。“医療や介護のサポートつきの高級ホテル”といった趣です。食事は一流シェフが栄養バランスを考えたメニューが提供されるとか」(女性誌記者)

 もちろん、プライベート空間は広く、他の入居者から余計な干渉もされないのだろう。いわば、老後をストレスフリーに暮らすための選択なのだ。

「欣也さんは昔、父親の市川右太衛門さんを老人ホームに入れたため、親の面倒を見ることを放棄したような印象を持たれました。ですが、特に高級老人ホームというのは、自宅にいるよりもむしろ快適で、安全、安心なのかもしれない。だからこそ、自身もその道を選んだんでしょう」(前同)

 現在の芸能界を見ると、北大路だけでなく、後期高齢者といわれる75歳以上になっても、バリバリ現役で活躍するスターが少なくない。今週は、そんな老い知らずの芸能人たちの健康の秘密に迫ってみよう。

 老人ホームには入っていないが、医療と密接であることで健康を維持しているのが、今年も新作ドラマ『再雇用警察官』(テレビ東京系)に主演した高橋英樹(76)だ。

「病院や検査が好きで、頻繁に健康状態をチェックしてもらっています。検査の結果で改善すべき点が見えてくるので、運動にしても食事にしても、対処がしやすいという考え方のようです」(芸能記者)

 世の中には医者嫌いの人がいて、そのことが原因で命を縮めてしまうということは、よくある。マメに病院に行けば、悪いところも発見されやすいのだ。

関連記事(外部サイト)