のん、6年ぶり実写主演映画が絶賛!21年逆襲への心配は「唇NG」!?

のんが主演する『私をくいとめて』に称賛相次ぐ 『海月姫』以来6年ぶり実写主演映画

記事まとめ

  • 橋本愛との共演が話題になった、のん主演映画『私をくいとめて』が高い評価を得ている
  • 「のんちゃんの役者としての才能と努力と気迫がもの凄かった」など、称賛が相次いだ
  • 『私をくいとめて』はのんにとって『海月姫』以来、約6年ぶりの実写映画主演作となる

のん、6年ぶり実写主演映画が絶賛!21年逆襲への心配は「唇NG」!?

のん、6年ぶり実写主演映画が絶賛!21年逆襲への心配は「唇NG」!?

のん

 2020年12月18日公開の、のん(能年玲奈・27)の主演映画『私をくいとめて』が高い評価を得ている。

 2013年のNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』以来となる、のんと橋本愛(24)の共演も注目されたが、同年の『東京国際映画祭』で観客賞/東京都知事賞を受賞した。

 SNS上でも「『私をくいとめて』観た。のんちゃんの役者としての才能と努力と気迫がもの凄かった」「スクリーンで大写しになったのんの可愛さ美しさに見とれてました」「のんちゃんの可愛さ爆発イメージ映画やったな」など称賛が相次ぎ、大きな話題となっている。

「のんにとって『私をくいとめて』は、2014年公開の映画『海月姫』以来、約6年ぶりの実写映画主演作です。2016年に主演したアニメ作品『この世界の片隅に』も大変な話題になりましたが、やはりのんの魅力はすごいということですよね」(芸能記者)

関連記事(外部サイト)