石原裕次郎、さだまさしも!数十億円スカッと完済「トンデモ借金伝説」

石原裕次郎、さだまさしも!数十億円スカッと完済「トンデモ借金伝説」

画像はイメージです

 先日、お笑いコンビ・霜降り明星の粗品(28)が、バラエティ番組『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で衝撃の告白をした。

「ギャンブルで負けて多額の借金があるというんです。額については〈会社ぐらい〉とし、〈漫画で、僕と同じ額を借りてるヤツが1か月返済遅れたら、山にここ(首の下)まで埋められてました〉と言って他の出演者を驚かせました」(放送作家)

 会社の規模にもピンからキリまであるが、少なくともウン千万単位なのではないか? だが、粗品はまだ序の口レベル。芸能界には、大物たちの強烈な借金エピソードがワンサカある。

 昭和映画界屈指のスターであり、親友同士であった石原裕次郎(享年52)と勝新太郎(享年65)は、それぞれ映画にのめり込み、多額の借金を抱えた。

 石原は、1963年に日活から独立して「石原プロモーション」を設立。自由な映画製作を目指した。

「最初こそ成功した作品もありましたが、『ある兵士の賭け』など興行的な失敗作が続き、
70年代初頭に、石原プロとして8億ともいわれる借金を抱えています」(当時を知る映画関係者)

 68年に起こった、あの偽の白バイ警官が現金輸送車を乗っ取って逃走した「3億円事件」の数年後の話である。

「当時の8億円は、現在の貨幣価値にすると40億円にもなるとか」(前同)

 多くのスタッフや俳優を抱える石原プロを守るために、石原はテレビ界に進出することになる。

「裕次郎さんは72年にドラマ『太陽にほえろ!』(日本テレビ系)に出演し、テレビの影響力の大きさを知ります。以後、石原プロ制作のドラマ『大都会』(日本テレビ系)、『西部警察』(テレビ朝日系)をヒットさせ、負債を全額返済しただけでなく、大きな資産を築くことができました」(テレビ局関係者)

 一方、勝も67年に「勝プロダクション」を設立し、映画やドラマの製作に乗り出した。

「製作者としての勝さんは作品の質を重視し、常に採算度外視でした。そして、多額のコストを突っ込んだ80年のドラマ『警視−K』(日本テレビ系)が低視聴率で打ち切りになったことで、勝プロは12億の負債を抱えます」(映画誌記者)

関連記事(外部サイト)