浅川梨奈、トレードマークの“童顔”も「18歳になって大人っぽくなりましたよ!」

浅川梨奈、トレードマークの“童顔”も「18歳になって大人っぽくなりましたよ!」

【写真を見る】“1000年に一度の童顔巨乳”のキャッチフレーズでグラビア界を席捲中の浅川梨奈。女優業にもチャレンジしている彼女に直撃インタビュー!

“1000年に一度の童顔巨乳”というキャッチコピーでグラビア界を席捲し、'16年度のコミック誌の表紙登場回数でNo.1を飾ったSUPER GiRLS・浅川梨奈。グラビアだけではなく、高校の麻雀部を舞台にしたドラマ&映画「咲-Saki-」('16年&'17年)に出演するなど、女優業にもチャレンジしている。そんな彼女が初夏放送のドラマ「ファイブ」(FODほか)でヒロインを演じることが決定。アイドル、グラビア、そして女優として活動の幅を広げている浅川に直撃インタビュー!

――SUPER☆GiRLSの浅川梨奈ちゃんといえば“1000年に一度の童顔巨乳”というキャッチフレーズですよね!

2年前にこのキャッチフレーズを聞いたときは、1000年に一度だなんてとんでもないものをつけられてしまった!と思ったんですよ(笑)。でもバラエティーでいじってもらえたり、それが今でも呼ばれ続けていることがすごくありがたいです。

――グラビアを始めて、2年目になりますね。

私自身、18歳になって大人っぽくなっていると思うので、いろんな表情を見せていけたらと思っています。今年はラストJKとして写真集を出したいです。そして“1000年に一度の童顔巨乳”っていうキャッチフレーズがなくても“浅川梨奈”という名前だけでみなさんに知って頂けるようになるのが目標です。

――グラビアのお仕事では、スタイル維持が大変だと思いますが、気を付けていることはありますか?

私、本当に何もやっていなくて…。周りから「もっと気をつかった方がいいよ」って言われています。グラビアのコって撮影前に食べないコが多いんですけど、私は炭水化物が好きだし、私が食べないと周りのスタッフさんに気をつかわせてしまうんじゃないかと思って、思いっきり食べてます。結果、どんどん肥えていくんですけど(苦笑)。でも、外面よりも内面を意識したいなと思っています。ただ「指原莉乃さんのような美しい脚になりたい」っていうことは、ずっと言い続けてます(笑)。

――グラビアを通して、自身の成長した部分はありますか?

見せ方やポージングが分かってきました。それは、アイドル活動にも活かされてるなぁって思います。それに、自分がやりたいことが見えたなと思います。何歳までにこれをやりたいっていう人生設計が明確になってきました。

――その人生設計を教えてください!

16歳でグラビアを始めたときは、こんなにもたくさんの方に知ってもらえるなんて想像してなかったんです。グラビアを経験したことで、私の環境はガラリと変わりました。17歳では、もっとたくさんの方に知ってもらえる1年にしたいなと思って活動していました。2017年もその勢いが止まることなく、いい波に乗りたいなって考えていて。4月で18歳になったんですけど、お仕事のスケジュールを見たら大好きな演技をさせていただける機会がたくさんあることに気づいて。演技はまだまだ未熟だし、できないことも多いけど、少しずつ経験を重ねて成長したいなって考えているんです。18歳では、今まで少しずつレベルアップしてきたことが、羽ばたいていくくらいになりたいです。

――演技のお仕事では、ドラマ「ファイブ」でヒロイン・麻生ひな役を演じていますね。ひなちゃんはどんなコですか?

正義感が強くて、天然だけど自分の気持ちに真っ直ぐな女のコです。その感情の流れに、自分と似てるなって思うことが演じていてよくあります。ただ、私と違うのは、学園の超人気者の“メンズ5”に振り回される幸せな女のコってこと(笑)。お姫様抱っこ、顎クイ、壁ドン、頭グイ、頭ぽんぽん……もうフルコンボなんですよ! こんな学校生活を送りたかったな〜と思いつつ、一生分の胸キュンを撮影で経験しました。もういつ何があっても悔いがないって感じです(笑)

――近年の梨奈ちゃんの活躍がきっかけで、SUPER☆GiRLSのファンになった人も多いのでは?

グラビアを始めて、私のことを知ってくれた人が増えました。今回のドラマでもさらに増えて「このコは誰なんだろう?」って調べたときに、SUPER☆GiRLSを知ってもらえるといいなって思っています。何よりも、グループが大好きだし一番大切だから!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)