演歌界の大御所!?水谷千重子のコラボ希望は「やっぱり星野源ちゃんね!」

演歌界の大御所!?水谷千重子のコラボ希望は「やっぱり星野源ちゃんね!」

友近とも親交が深く、芸能生活50年以上を誇る演歌界の大御所・水谷千重子に直撃!

‘15年に芸能生活50周年を迎え、友近とも親交の深い大御所演歌歌手・水谷千重子が、現在ツアー「キーポンシャイニング歌謡祭2017」で全国各地を巡っている。「仲良くなった方々ともっと密に何かやりたい」という思いから、'16年に初開催となった「キーポンシャイニング歌謡祭」も、今回のツアーで2回目。地方公演では、Chage、稲垣潤一、岸谷香、高橋洋子、持田香織(Every Little Thing)、平原綾香ら多くの豪華アーティストが参加するなど、盛り上がりを見せ、6月7日(水)の宮城・仙台公演で最終日を迎える。

そんな演歌界の大御所・水谷にツアーへの思いを直撃した!

――まずは、50年以上歌手として活動していらっしゃいますが、これまでを振り返っていかがですか?

やっぱり続けてきて良かったなって。こういう歌謡祭をいろんな方と一緒に開催することもできましたし。低迷期もありましたけど、歌が好きという気持ちを持っていれば、続くもんだなと。売れる、売れないに関わらず、歌を続けてきて良かったなと思いましたね。

――第一線を走る秘訣はありますか?

歌うことが好きという、ぶれない気持ちを持つということですかね。それでこの世界に入ってきたのに、それを止めたらただのおばさんじゃん!って思ったときに、やっぱり歌を武器としてやらなきゃいけない。明るさとか目標を、多分人一倍持っているタイプだと思うので。どんどん新しいことをやっていきたいという気持ちも大切ですよね。同い年の人とか、もっと若い子の中には、老後の心配をする人もいますけど、そんなこと考えている暇がないくらい、新しいことを前向きに考えたいというタイプなので。今、すごく楽しいですね。

――つらい時期はなかったですか?

ありましたよー! 歌が売れない時期もそうですし。でも、やっぱり二葉ファミリー(千重子のデビュー曲「万博ササニシキ」を作詞した師匠・二葉菖仁とその弟子たち)という仲間にも囲まれて、そういう人たちに助けられたのでやって来れましたね。昔、自分が関係性をつくってきたスタッフの人たちとか、地方の社長さんとか、建設会社の社長さんとか、そういった方々の支援もありましたから。ずっと続けてきて良かったって、今になって思います。

――今回のツアーに出演しているゲストの方も豪華ですね!

稲垣(潤一)の潤ちゃんは去年も来てもらったのよ。ポーカーフェイスでボケたりする人なんですよね。おしゃべりもお上手なのでほんとに楽しくって、名曲もたくさんありますから。今回初めてジョインする高橋洋子ちゃん。「残酷な天使のテーゼ」は、誰もが一度は耳にして、カラオケでもずっとトップ10に入ってる曲なので、実際にお会いして、歌を生で聞きたいなということで、熱烈なオファーをさせてもらったんです。そしたら、この世界観をすごく気に入ってくださって、快く受けてくださったの。あと、全公演(仙台公演は除く)にプリプリの香ちゃん(岸谷香)が出てくれるの。みんな口ずさめる名曲をたくさん持ってるのよ〜。「Jupiter」の平原綾香ちゃんも壮大に歌っていただいてますしね。そして、仲のいい冠二郎ね。おしゃべり要因で呼んでるの(笑)。もちろん歌も素敵よ! こまどり姉妹さんは唯一の先輩。ほんとに華やかになります。

――ちなみに地方の公演の楽しみは何でしょうか?

とにかくおいしいものが食べたいわよね。千重子は食いしん坊なので、楽しみが2つあるんですよ。このライブが楽しみというのと、終わったらおいしい食べ物が待ってるから。皆さん打ち上げにも参加してくださって盛り上がるんですよ。

――打ち上げはどんな感じになるんですか?

みんな大人なので、コンパみたいなノリにはならないわよ。音楽の話もするし、プライベートな話もするし、大人の飲み会って感じで。帰りたいときに帰ってもいいし、寝たくなったら寝てもいいしっていうすごく自由な感じ。

――二葉ファミリーの(バッファロー吾郎A似?)八公太郎さん、(秋山竜次似?)倉たけしさんも、もちろん打ち上げにいらっしゃいますよね?

倉と八はね、舞台では大暴れするんだけどね、こういうところでは借りてきたネコみたいに大人しくしてるの。「あんたたちにおいしいお酒は飲ませないわよ!」って、いつも言ってるんだけどね。

――ちなみに、最近のアーティストでコラボしてみたい方は?

そうねぇ、今回もスケジュールでダメだったんだけどね、やっぱり星野源ちゃん。今年1月、横浜でコンサートがあったときに、千重子はVTRで出演したの。焼き豆富を持って歌う「越後前舞踊」という曲と恋ダンスをコラボしたんだけど、お客さんもすごく喜んでくれたのかな。「じゃあ、今度は源ちゃんが千重子のコンサートに来てよ」「絶対やりたい!」なんてやり取りをしてたんだけど、ドラマとか自分のコンサートとかでも忙しいからね。でも、刺激を受ける才能のある若手の人と一緒にやりたいのよ。あとは舘ひろしちゃん。ずっとセクシーだしね、「泣かないで」って言われたい。いつかジョインしたいわ。ほんとに皆さんお忙しくてね。そんな中でもこんなに集まっていただいてありがたいですけどね。

――今回のツアーについて、親友の友近さんは何とおっしゃっていますか?

友近ちゃんも自分で何かをプロデュースするのが好きだから、「千重子さん、ことしもやってるねー!」って喜んでくれて。友近ちゃんにも、どの曲を聞きたいかアンケートを取ったんですよ。友近ちゃんは'80年代の歌が好きみたい。渋い男性の歌声を聞きたいって言ってたわ。だから、その人たちにもオファーをしてますよ。

――最後に、2020年の東京オリンピックを盛り上げるべく、考えていらっしゃることはありますか?

「キーポンシャイニング」でも「千重子音頭」を発表するんですよ。みんなで踊れて楽しめる音頭なんですけどね。2020年も、何らかの形で関わりたいなとは思いますね。

――「千重子音頭」は「恋ダンス」のように盛り上がっていきそうですね。

そうねぇ、またちょっと種類は変わると思うんだけど、「何やってんだ!」っていうツッコミが恐らく一番目にくるかもしれないわね。でも、ここで初披露して、評判がよかったらどんどんやりたいなと思います。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)