乃木坂46・3期生の伊藤理々杏「クリームまみれの顔はわれながらビックリ!」【3期生リレー連載#1】

乃木坂46・3期生の伊藤理々杏「クリームまみれの顔はわれながらビックリ!」【3期生リレー連載#1】

「NOGIBINGO!8」でバラエティーに本格挑戦する乃木坂46・3期生12名のリレー連載がスタート! トップバッターは沖縄出身の伊藤理々杏!

乃木坂46のメンバーが、真の国民的アイドルグループになるべくさまざまな企画に挑戦してきたバラエティー番組の最新シリーズ「NOGIBINGO!8」(日本テレビ)が放送中。これまで1期生、2期生メンバーが、時にクリーム砲を浴び、粉まみれになるなど体を張って名シーンを生み出してきたこの番組に、2016年9月にグループ入りした3期生メンバー12名が出演している。

webサイト「ザテレビジョン」では、バラエティーのイロハを学ぶために体を張って奮闘中の3期生・12名を直撃! それぞれが体験したあの企画の裏話や、他メンバーのバラエティー能力について語ってもらった。

トップバッターを務めるのはグループ初の沖縄県出身メンバー・伊藤理々杏。お題をもらえばオリジナルの“即興ソング”を歌うことができるという特技の持ち主だ。

――乃木坂46が好きでオーディションを受けたという伊藤さんですが、加入前から「NOGIBINGO!」はご覧になっていましたか?

伊藤:はい。沖縄では放送されていないので全部を知っていたわけじゃないんですけど“いろんなことをやらされる番組”だという認識はありました(笑)。第1回の収録で…と言っても、私たちにとっては収録が始まる前だったんですけど、楽屋のロッカーからいきなりイジリーさんが登場した時は本当に驚きました。

――泣いていましたよね

伊藤:あのとき、まだ本番の前だったので私はかなりボーッとしてたんですよ(笑)。そんなときに突然「ドンッ!」って大きな音がしただけでも驚いたのに、イジリーさんが服を着てないし、追いかけてくるし…そりゃ、泣いちゃいますよ(笑)。

――オンエアでご自身の姿は確認しましたか?

伊藤:実は自分が映っている場面だけは飛ばして見ました。恥ずかしくて…。イジリーさんの登場ドッキリもそうでしたけど、私が自作の曲を歌い出すとボイスチェンジャーで変な声に変ってしまうというドッキリを受けたときも、ただただ驚くことしかできませんでしたし(笑)。

――あの回の最後に“クリーム砲”を浴びたシーンも未確認?

伊藤:そこは見ました! われながらすごい顔になってましたね〜。「あの後が大変だったけど、面白かったなぁ」っていうのが率直な感想です。生駒(里奈)さん、秋元(真夏)さんと一緒にクリーム砲を浴びることができたのは本当にうれしかったです。

――やはり先輩メンバーのバラエティー力は高いと思いますか?

伊藤:もちろんです! 第1回では私がMVPみたいな賞をいただいたんですけど、たまたま“秋元さん的なリアクションができたから”というのが受賞の理由でしたし。生駒さんは場面ごとの正解を分かりやすく説明してくださるし、秋元さんは何を振られてもアイドルらしく、しかも面白く返せるのがすごいと思います。

――3期生でバラエティー能力が高いのは誰でしょうか?

伊藤:佐藤楓ちゃんかなぁ。特技のお手玉を披露している最中にスタジオの照明が消えて、彼女の顔が蛍光塗料で光るというドッキリを仕掛けられていたんですけど、あれは面白かったですね。現場ではとにかく怖かったけど、改めてテレビで見たときに大笑いしました。うちの親も見ていたらしくて「涙が出るぐらい笑った」って。さすが家族だけあって笑いのツボは一緒みたいです。

――佐藤さん自身は収録後どんな感じだったんですか?

伊藤:いつも通り淡々としてました(笑)。普段から独特のペースがあって面白い子なんですよ。あと山下美月も楽屋で面白い子です。カメラの前では割とシュッ!としていますけど、普段はちょっと…何て言うか“変な感じ”の子です(笑)。美月もクリーム砲を浴びましたけど、楽屋に戻った時はかなりテンションが上がってました。「クリームが鼻に入った!」ってうれしそうでした。

――クリーム砲は他のメンバーもやりたがっているそうですね

伊藤:そうなんです。「うらやまし〜!」って言われました。私としては(向井)葉月がチャレンジしていた“激辛シュウマイ”とかを食べてみたいですね。あとは、先輩たちが以前やっていた企画になりますけど、私が飼い主になってメンバーをペットとしてかわいがるとか、メンバー同士で姉妹になりきるとか…かなり妄想が強い企画ばっかりですね(苦笑)。でも“理想の告白”みたいな本気の妄想企画は…恥ずかしすぎて無理です!

【Profile】いとう・りりあ●2002年10月8日生まれ。沖縄県出身。B型。てんびん座。

取材・文=大小田真

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)