乃木坂46・3期生の岩本蓮加「バラエティーでの憧れは白石麻衣さん!」【3期生リレー連載#2】

乃木坂46・3期生の岩本蓮加「バラエティーでの憧れは白石麻衣さん!」【3期生リレー連載#2】

「NOGIBINGO!8」でバラエティーに本格挑戦する乃木坂46・3期生12名のリレー企画第2回には、最年少13歳の岩本蓮加が登場!

乃木坂46のメンバーが、真の国民的アイドルグループになるべくさまざまな企画に挑戦してきたバラエティー番組の最新シリーズ「NOGIBINGO!8」(日本テレビ)が放送中。これまで1期生、2期生メンバーが、時にクリーム砲を浴び、粉まみれになるなど体を張って名シーンを生み出してきたこの番組に、2016年9月にグループ入りした3期生メンバー12名が出演している。

webサイト「ザテレビジョン」では、バラエティーのイロハを学ぶために体を張って奮闘中の3期生・12名を直撃! それぞれが体験したあの企画の裏話や、他メンバーのバラエティー能力について語ってもらった。

第2回に登場するのは、大人びた顔立ちながら乃木坂46メンバー最年少(13歳)である“れんたん”こと岩本蓮加。特技は、幼いころから習っている新体操とダンス。

――「NOGIBINGO!」は加入前からチェックされていあたんですか?

岩本:もちろん! 毎回楽しんで見ていました。

――自分がその番組に出て、いかがでしたか? 

岩本:初回収録はかなり素だったと思います。ドッキリとか自分ではかなり大きな声で叫んじゃったな〜って。でも、オンエアを見たら意外とそこまでじゃなくて…。もっともっと、自分が思ってる以上にリアクションしないと伝わらないんだなっていう反省点もありました。

――第1回&2回の「バラエティー入学式」で岩本さんは新体操をしながら芦田愛菜さんのモノマネで自己紹介をしていましたね。

岩本:芦田愛菜ちゃんのモノマネは小学生のころからやってて。昔からずっと得意だったので、ここで使わなきゃ!と思って。

――持ちネタだったんですね(笑)。でも自己PRの最中に突然、激痛の足つぼマッサージを受けるという…。

岩本:すごく痛くて、その後もずっと踏まれてる感じがしました。あと体がポカポカして熱くなって耳が真っ赤になって…。体には良かったのかなって思いますけど(笑)。

――ちなみにドッキリは苦手ですか?

岩本:苦手ですね。でもずっと「NOGIBINGO!」を見てたので、ドッキリって、こういう感じかーっていうのが分かる部分もあって。第1回でイジリーさんがロッカーから登場したときも、私、なんとなく気付いてたんですよ(笑)。まさかロッカーに入ってるとは思わなかったんですけど、直前にカメラさんがいっぱい後ろからついてきてたり、これは何かあるな…って。でも私の真後ろのロッカーから出てきたのは本当にビックリしました! 怖かったけど、仕掛けられたのはうれしかったですね。

――乃木坂46で、バラエティー的に憧れの先輩というと誰ですか?

岩本:白石麻衣さん。最初に見たとき、すごくキレイで大人しいタイプの方かなって思ったんですけど、顔面に生クリームをかけられて「うれしい」って言ったり、最近だと「黒石さん」っていう裏キャラみたいなのがあったりして。見た目がパーフェクトで、さらにバラエティーでも笑いをとれるっていうのは、本当に白石さんにしかできないことだなって。素晴らしいなって思います。

――3期生の中で個性を発揮してると思うメンバーは誰ですか?

岩本:(向井)葉月! 食べることが好きっていうのはもう結構知られてると思うんですけど、それ以外にも動きとか走り方が変だったり、いろんな部分でキャラが強烈なんです。例えば…持ち物に名前を付けてたり。ポーチに向かって「プルコギちゃん、今日、葉月頑張ったよ」とか、「プルコギちゃん、お腹が痛いよー」って。そういうのが変わってるなって思います(笑)。

――本編はもちろん「NOGIROOM」でも今後みんなのキャラが出てきそうですね!

岩本:あのコーナーはみんな本当にリラックスしてると思います。私は個人的に、普段は少し控えめに見える桃ちゃん(大園桃子)がとても話してくれるのがうれしくて。よく笑うし、ずっとテンションが上がってるなって思います。でも楽屋ではもうちょっとうるさいかも? 笑うときはもっと「アハハハハ!!」って豪快な感じなんで(笑)。

――この先、みんなで話してみたいトークテーマはありますか?

岩本:まだ加入したばかりなので、3期生こういうことがしたいかとか、未来のことを話したいです。そうすれば、もっとお互いの考えてることが知れるのかなって。

【Profile】いわもと・れんか●2004年2月2日生まれ。東京都出身。B型。みずがめ座。

取材・文=川倉由起子

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)