才色兼備の“モグラ女子”泉里香「地球外生命体に会ってみたい」

才色兼備の“モグラ女子”泉里香「地球外生命体に会ってみたい」

映画「メッセージ」のイベントに登壇した泉里香

抜群のプロポーションを誇り、フェイス、ボディー、ファッションなど、OLを中心に“今マネしたいモデルNo.1”と称されるモグラ女子・泉里香が、5月19日(金)日本公開の映画「メッセージ」の特別トークイベントに登壇した。

泉は本作を一足先に鑑賞し「とても感動しました! SFと聞いていたのでアクション映画かと思っていたら、とてもメッセージ性が強くて、ラストは思わず泣いてしまいました!」とラストの衝撃と感動について興奮気味に語った。

そんな泉は、明治大学の文学部英米学科を卒業し、英語学も学んでいたという、まさに才色兼備な一面も持ち合わせている。しかしSFというジャンルは、まだ未体験だったという泉。

そこで、今回のイベントには慶應義塾大学の英米文学科・巽孝之教授も登壇。アメリカ文学を専門とし、SFにも造詣が深い巽教授が「SFについてもっと知りたい!」という泉に特別授業を行った。

巽教授は全世界で絶賛を受けている本作について「原作を15年前に読んでいましたが、(ドゥニ・)ビルヌーブ監督は原作に忠実に、でもとらわれない作品に仕上げていました」と解説。さらに、本作の原作者であるテッド・チャンにもインタビュー経験があるそうで、巽教授は「原作者のテッド・チャンは非常にシャイな人。言葉をじっくり選ぶ作家ですね」と原作の魅力も説明した。

地球外生命体の描き方の面白さも本作の魅力の一つだが、地球外生命体の存在について聞かれた泉は「私は存在すると思っています! ひたむきにコミュニケーションをとる主人公を見たら、私も地球外生命体に早く会ってみたい気持ちになりました!」と笑顔で語った。

さらに本作の主人公言語学者のルイーズが行う、言葉の通じない地球外生命体とコミュニケーション法については「言葉がなくても心と心で通じ合う瞬間に、画面を見てても感じることが多くて、女性だからこその強さも感じました」と、泉は主人公の勇気に強い感銘を受けたことを明かした。

そんな泉は、MCから芸能界での異色な人たちとの交流について聞かれ「芸能界ではすごい人ばかりで…。すご過ぎる世界です」と恐縮した素振りを見せながら、そういうときは「積極的に心を開いて、恐れずに関わることが大事」と、泉里香流のコミュニケーション術も披露した。

さらに泉はコミュニケーションに悩む若い女性に向け「今悩んでいる短所は、長所に変わる未来へのあなたへの“メッセージ”!!」と手書きの“メッセージ”をしたためた。

続けて「私もコンプレックスに悩んでいたけど、短所を長所に変えることができました。本作の主人公ルイーズのように、もっと知ろうとすることが大切ですね」と、コンプレックスを乗り越えた経験がある泉ならではの“メッセージ”を語った。

最後にこれから本作を見る人に、泉は「本当に女性に見てほしい作品です。私と同世代の方は、いろんなことに悩んでいる人も多いと思いますが、この映画は後押ししてくれました!!」と魅力をアピールした。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)