笑福亭鶴瓶、念願の「家売るオンナ」出演も『ちょっとこのドラマおかしい…』

笑福亭鶴瓶、念願の「家売るオンナ」出演も『ちょっとこのドラマおかしい…』

万智(北川景子)に怪しい行動が見つかる定男(笑福亭鶴瓶)

5月26日(金)夜9時から放送される、北川景子主演SPドラマ「―帰ってきた 家売るオンナ」(日本テレビ系)に、笑福亭鶴瓶、要潤、芦名星がゲスト出演することが決定した。

SPドラマは、連続ドラマ最終回から2年後が舞台。海の見える町で「サンチー不動産」を営む三軒家万智(北川)の元を、「テーコー不動産」新宿営業所の庭野聖司(工藤阿須加)が訪れるところから物語が動きだす。

新宿営業所は、近くにできたライバル不動産会社に押され気味となっており、本部からは「今月売り上げが目標値に届かなければ営業所解散」と通達されていた。それを聞いた万智は、2週間限定で再び新宿営業所の一員として働くことになる。

笑福亭鶴瓶は、テーコー不動産新宿営業所で“住もう君”の着ぐるみのアルバイトをする謎の男・一ノ瀬定男役。アルバイトをしながら人気のない営業課の中を物色するなど、怪しい行動をする定男だが、実は絶縁した娘とやり直そうと一緒に住む家を探している男という設定だ。

優秀な営業マンを探すために営業課に潜入していたという定男は、万智(北川)のすご腕を見て、万智から家を買うことを決意するが、万智に「あなたに家を売りません」と断られてしまう。

■ 笑福亭鶴瓶コメント

このドラマ、本当に出たかったんですよ。だからうれしかったですね。(北川)景子ちゃんとはバラエティーでは共演したことが何度もあるんですけど、ドラマは初共演です。

このドラマ、怪しげなんですよね。ドラマを見ているときは、景子ちゃんだけが怪しい感じだと思っていたんですけど違うんです。初めはシリアスにやっていたんですけど、イモト(アヤコ)が出てきてせりふを言った時に、「ちょっとこのドラマおかしい…こんなことでは負けてしまう!」と、駆け足でみんなに追い付きました(笑)。本当に楽しかったです。

スペシャルで初めてこのドラマを見る方には、北川さんが「おちた」と決めぜりふを言うシーンがおすすめ。かっこいいですよ。

また、要は有名子役の小学生の息子に家を買ってもらう父親・葉山友明役、芦名は住むアパートが取り壊されることになり少ない貯金で家を探す超貧乏なシングルマザー・淀川水樹を演じる。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)