YOSHIKI緊急手術無事終了も、即レコーディング再開にはドクターストップ

YOSHIKI緊急手術無事終了も、即レコーディング再開にはドクターストップ

手術を無事終えたYOSHIKI

X JAPANのYOSHIKIが、米国時間5月16日、アメリカ・ロサンゼルスのシーダースサイナイ病院にて頚椎人工椎間板置換の緊急手術を受け、無事に終了、成功したとマネジメント会社が発表した。

激しいドラミングスタイルにより、「頸椎椎間孔狭窄症」と診断され、 ニールアナンド医師により執刀された人工椎間板置換手術は、非常に繊細な作業を要し、数時間に及んだが、現在YOSHIKIの容態は安定しているという。

医師の話によれば、術後声を発することが困難な状態がしばらく続くが、時間の経過とともに、本来の声を少しずつ取り戻すであろうといわれている。

傷口は6週間で部分的な治癒、6カ月後には90%の回復が期待されるとのこと。しかし左腕から左手に走る電気のような痛みの症状は、改善にどれだけの時間がかかるのかは現段階では分からない。

通常であれば最低でも術後数日は入院することが望ましい状況だが、YOSHIKIは全身麻酔から覚醒後、鎮痛剤を服用した意識がもうろうとした状態で昨夜から手術の直前まで書いていた曲をどうしてもレコーディングしたいと言い、術後数時間で医師に直談判、退院したその足でスタジオに向かった。

30分ほど作業をしたが、術後すぐの体調では想像以上の負担があり、同行していたスタッフ、ナースの説得に応じて自宅に戻り、現在は医師の管理の下に静養中だ。

7月に予定されている「X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X」、8月から9月にかけて予定されているYOSHIKIプレミアムディナーショー、および世界ツアーの日程含め、今後の活動に関しては、術後の回復状況を見ながら判断の上、近日中に報告されるという。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)