沖田杏梨×神咲詩織がパワフルに魅せた魂の2マンライブ振り返りレポート!

沖田杏梨×神咲詩織がパワフルに魅せた魂の2マンライブ振り返りレポート!

セクシー女優の沖田杏梨と神咲詩織が2マンライブを5月5日に開催した

セクシー女優の沖田杏梨と神咲詩織が、2マンライブ「MilGene Fabulous Night(ミルジェネ ファビュラス ナイト)」を東京・J-SQUARE SHINAGAWAで5月5日(金)に開催した。

主催は、元&現役セクシー女優が所属し、「オリジナル楽曲」「生楽器」にこだわったライブや楽曲制作などを行う音楽プロジェクト「Milky Pop Generation」(通称“みるじぇね”)。同プロジェクトでは初の2マンライブで、バンド編成は、ギター(二木元太郎)×キーボード(平方"トーマス"元)×ベース(海老沼崇史)×パーカッション(豊田稔)。

昨年10月にみるじぇね初のワンマンライブを成功させ、自身の世界観を“パワフル”に表現するエンターテイメント性の高いステージを確立している沖田杏梨。一方、過去にはセクシーアイドルユニット・me-me*、現在では恵比寿★マスカッツのメンバーとして、そしてもちろんソロとしてもライブ活動を行い“ソウルフル”な歌声で魅せる神咲詩織。そんな2人の組み合わせによる2マンライブということで、始まる前からいやがうえにも、タイトル通り“Fabulous”(=すばらしい、の意味)なライブになるだろうと期待が高まる。

■ “ソウルフル”な歌声で魅せる神咲詩織の圧巻の“音楽力”!

先にステージに現れたのは神咲詩織。膝丈の白いワンピースドレス姿で爽やかに登場した。

セットリストは「ありがとう〜Dream box〜」(me-me*)、「生まれてはじめて」(神田沙也加&松たか子)、「なんでもないや」(上白石萌音(RADWIMPSのカバー))、「身のほど知らZoo」(オリジナル)、「闇夜のきらり達」(オリジナル)、「裸族〜for lovers〜」(オリジナル)の計6曲。

1曲目は、「(me-me*の時に)ファンの皆さんへ感謝の気持ちを込めて作った曲なんです」と話す、「ありがとう〜Dream box〜」は透明感のある高音で心を揺さぶる。

続いて2曲目、「大好きなミュージカルの中で一番好きな曲、『アナと雪の女王』の『生まれてはじめて』という曲が大好きで…ただ、問題がありまして、一人じゃ歌えないんです。だから今日はステキなエルサちゃんを呼んでいます」という神咲の言葉に、2曲目から沖田との共演か!?と思った観客もいたのでは…実際は超絶美声のキーボード担当・平方がエルサ役に。みるじぇねライブでミュージカル曲というのは斬新なパフォーマンスだが、神咲の歌唱力に一気に引き込まれる。

3曲目、「なんでもないや」という切ない曲調を、この日少しだけハスキーボイスになっていた彼女の声がより切なさを増長させる。ほほえみながら歌う彼女の歌声は、はかなさの中にもまっすぐな芯の強さを感じさせた。「すごく好きでよくカラオケで歌ってたのですが、“某”恵比寿★マスカッツの…“某”副キャップの…“某”川上奈々美さんがですね、『めっちゃ良い曲じゃん!』って言って毎回歌うようになって、私歌えなくなっちゃったんです(笑)。酔って気持ちよさそうに歌うのですが、回を重ねるごとに上手くなっていくんですよ。(私も歌いたいから)今度『たまには私にも歌わせて』って言ってみよ(笑)」と暴露話も。

4曲目、「(曲の途中の)タネ明かしでくすっとしてもらえれば」と前フリしつつ、「身のほど知らZoo」を歌い始める。歌詞の視点が変わる時やタネあかしの時などに曲調が変わる楽しい曲でノリやすい曲だ。これは、ある初恋物語を描いているのだが、実はコアラが人間にひとめぼれしたという設定。何度も聴きたくなるユニークな曲の裏には、実は「許されない恋の歌を作りたいなと思って作りました」という意図もあったとコメント。

5曲目「闇夜のきらり達」ではアダルト業界の女優をイメージして制作したそう。作詞作曲を手掛けるオリジナル曲は静かな情熱が込められた“ソウルフル”な曲に仕上がっている。

「頑張ってる女優さんたちを見てると、夜空ですごくきれいに輝く星のようだなって思うんです。それを伝えていけたらいいなって。ちなみにこれは、ふざけた曲ばかり作ってるので真面目な曲を作ろうと思って作りました…あ、別にふざけて作ってるわけじゃないのですが、恥ずかしがりなので、どこかに変なワードを入れたくなってしまって…(笑)」と慌ててフォローする素顔もキュート。

6曲目、「裸族〜for lovers〜」は「サビを一緒に歌いましょう」と呼びかけて熱唱。ピアノを弾くエレガントな姿、コミカルな歌詞、美しいメロディーが合わさり、神咲の“神”曲ともいえる1曲で締めくくった。

■ “パワフル”な表現力を持つ沖田杏梨の真骨頂!

続いて沖田杏梨が、大きな胸と美しいボディラインを120%堪能できるセクシーすぎる衣装でステージへ。

セットリストは「CAT WALK」(オリジナル)、「Alligator」(オリジナル)、「Liar」(オリジナル)、「Focus」(アリアナ・グランデ)、「Dirty Work」(オースティン・マホーン)、「Just the Way You Are」(ブルーノ・マーズ)。

1曲目、「CAT WALK」での激しい振り付けで胸を大胆に揺らす彼女の姿に思わず笑顔にさせられる。

挨拶に続けて、「今日は今年に入ってから一番緊張しました。というのも今日はついに新曲を用意していて…。新曲4つあるうちの1曲で、その名も『Alligator』っていって、だからちょっとこの(衣装が)南国っぽいんです。この曲は卯水咲流ちゃんという女優さんが初めて作った曲なのですが、ものすごいクオリティーで。それで歌詞は私が書いたのですが、英語詞なので、先に和訳を伝えておこうと思います。ツンデレの歌なんです…すごくあなたがほしいです、私はワニ…そんな感じです(笑)」と、ざっくりとユニークな説明で笑いを誘う。

そんな2曲目「Alligator」はエキゾチックなメロディーと、伸びやかな高音が続くサビで聴かせる。「今日という日は伝説の1日にしたいと思います。今日のテーマは“自由”です、伸びやかに縛られることなく…うそつきはうそをついて、ツンとしたければツンとするっていう、奔放な気持ちを今日はみなさんに持っていただきたくって、“自由”をテーマにしました」と、面白いテーマを発表。次の曲が明かされ、自由のテーマの時に挙げた“うそつき”が(やや強引な…?笑)前フリだったと分かる。

3曲目、「Liar」の原曲とは異なるこの日だけのクールなアレンジがとてつもなくカッコよく、観客全員の目がステージにくぎ付けになり、ひと際大きな歓声が贈られる。「私ダンスが全然得意じゃないんですね、なんですけど、ダンスミュージックを歌うっていう、人生の課題が出てきそうなので、難しめの曲をセレクトしてみました」と次の曲を紹介。

4曲目の「Focus」では洋楽ならではのノリをパワフルな歌声とパフォーマンスで見事に表現した。

ここで一旦ステージを下りる。再登場した沖田は白シャツと黒のタイトスカートに衣装チェンジ。先ほどよりも露出が控えめになっているが、次の曲で、とあるネタを用意していた。

5曲目、「Dirty Work」は現在ブレーク中の女性芸人・ブルゾンちえみのネタに使用されている曲で、ステージには「with B」を思わせる男性も登場。「ねえ、たかしくん、きみ最近男として自信がないって思っちゃってるんじゃないの? だけどそうやってガッツ持って、ここまで会いに来ちゃって、そうやってくれる人と、くれない人…女はどっちを好きになりますか? あなたも、あのアスリートも、スターも、毎回毎回、1回の射精で何個の精子が出せるか知ってる?? …『3億〜5億』」と予想外にもネタを披露。曲終わりには「申し訳ございません、調子に乗って(笑)。“たまたま”調べたら3億〜5億って書いてあったんですよ」とブルゾンちえみ風のセクシーネタに、会場は笑いの渦に包まれた。

ラストの6曲目、「Just the Way You Are」という世界的に大ヒットしたバラード曲で、改めて高い歌唱力で観客を魅了した。

また、この日、沖田が今夏に発売する2ndシングルは「Gorilla」(表記詳細不明)であることが発表された。この日披露した「Alligator」を含むニューシングル「Gorilla」がどんな仕上がりになるのか非常に楽しみだ。

最後に、ライブTシャツを着た沖田と神咲が再びステージに呼び込まれ、「キューティーハニー」(倖田來未)を、2人で時にハモリながら美声を重ね合わせ、“パワフル”かつ“ソウルフル”に、そして“ファビュラス”に歌い上げた。

ライブが終わり、神咲は「今までみるじぇねさんには4人出演のライブの時に呼んでいただいていたのですが、今回2マンということで6曲も歌わせてもらえて、いつも曲が決めきれなかったのですが、今日はやりたい曲がたくさん出来たのですごくうれしかったです。あとバンドのみなさんもすばらしすぎて…すごい環境でさせていただけてうれしかったです。みなさんもありがとうございました!」、

沖田は「今日は新曲を用意するにあたって、一週間前にレコーディングが完了してギリギリに駆け込んで仕上げてたので、力込めて歌ったら、次の日一気に声がかれてしまって…今日もまだ9割くらいで、“ハスキーファビュラスナイト”になってしまいましたが、みなさんに聴いていただけて満足感でいっぱいです。すごく緊張してたのですが、仲間たちがたくさん来てくれたし、いつもの大好きなメンバーにも…ん?メンバー?(ファン、の意味) 温かく応援していただいてありがとうございました!」と率直な気持ちを伝えた。

“すばらしい”アーティストと観客により“ファビュラス”な2マンライブは成功に終わった。アーティストだけでなく、“みるじぇね”というプロジェクト自体も新たなステージへと進み、進化した楽しみ方を与えてくれたようだ。

今後の“みるじぇね”ライブは、6月17日(土)に「MilGene Premiere LIVE #2」(希島あいり、阿部乃みく、希美まゆ、悠木イヴが出演、J-SQUARE SHINAGAWAにて開催)、7月30日(日)に「MilGene SONIC!2017」(沖田杏梨、希島あいり、阿部乃みくが出演、下北沢GARDENにて開催)、9月2日(土)に「川上奈々美&希島あいり 2マンライブ」が予定されている。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)