乃木坂46“エキゾチック美少女”寺田蘭世、家族の秘話語る

乃木坂46“エキゾチック美少女”寺田蘭世、家族の秘話語る

乃木坂46・白石麻衣

5月14日の「乃木坂工事中」(テレビ東京)は、「これって我が家だけ?グランプリ」を放送。各メンバーの家族の間だけで通用する単語や変わった風習を紹介した。

「トラクター」を「タッタッター」と呼んでいた井上小百合の家族、「ハヤシライス」を「ハイライ」と呼ぶ衛藤美彩の家族など、家庭内だけで通じるかなり個性的な固有名詞があることが判明した。

そんな中、発売中の17thシングル「インフルエンサー」で初の選抜メンバー入りを果たした寺田蘭世が大活躍。寺田はエキゾチックな顔立ちが特徴の美少女だ。

まずは、「ヘアゴム」のことを「チョンチョリン」もしくは「チョンチョロリン」。続いて「お茶」のことを「チャッス」と呼んでいることを告白。

しかし、家族それぞれで好きなお茶の種類が異なるらしく、麦茶や緑茶、紅茶などをどう呼び分けるのかという議論に発展。

「私は夜ご飯の時に緑茶、朝は紅茶と決まっているので(間違えない)。ジャスミンティーも『チャッス』です」と解説するも、MCのバナナマン・設楽統から「紅茶が『チャッス』だとしたら、レモンティーやミルクティーの場合はどうするの?」と鋭い質問が。

すると寺田は、「レモンティーは我が家では絶対に出ないです。ミルクティーの時は…『チャッス・ミルク』って言えば」と自信たっぷりに説明した。また、寺田家では「ポテトチップス」を「ポトポトポットス」と呼んでいることも告白した。

次回の「乃木坂工事中」は5月21日(日)放送予定。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)