欅坂46“バラエティ番長”織田奈那、土田晃之を相手に芸人顔負けのトーク

欅坂46“バラエティ番長”織田奈那、土田晃之を相手に芸人顔負けのトーク

欅坂46-4thシンク?ル「不協和音」

5月14日の「欅って、書けない?」(テレビ東京)は、「バレンタインお返し企画」を放送。以前、欅坂46のメンバーから番組MCの土田晃之と澤部佑にバレンタインデーのプレゼントが贈られたが、その「“お返し”がない」とメンバーが要求したことで企画が実現した。

長濱ねるが「ベース」、志田愛佳が「一眼レフカメラ」などをリクエスト。他には、ペットとして「ハリネズミ」を希望した長沢菜々香、精神的に強くなりたいという理由で「メンタルトレーニング」を望んだ菅井友香など、それぞれがMCの二人にアピールした。

フリップに「渋谷109」と書き、澤部から「“桃鉄”かオイっ!渋谷109は買えませんよ!」とツッコまれたのは尾関梨香。これまで番組の企画等で“私服がダサイ”と言われ続けてきた尾関は、「ある時に織田奈那と待ち合わせをして私が待ってあげていたのに、来た瞬間に『ごめんね』とかじゃなくて、『私服ダサっ!』って言われて。それが信じられないぐらいショックで…」と悲しいエピソードを披露。

さらに「たしかにおしゃれだったんですよ、織田は。でもそれはきっと『メチャカリ』(洋服レンタルサービス)のフルコーデなんですよ。靴下を見たら超ダサかった」と暴露。自身も「メチャカリ」コーデを愛用しており、そこにワンポイントのアイテムを買い足すために「渋谷109の商品券がほしい」と説明した。

一方の織田は、プレゼントとして「メイク道具」をリクエスト。現在、愛用しているのは小中学生でも使うコストパフォーマンス重視のメイク道具だと明かし、「恐らくこの番組を観ている方は、私のことをバラエティーメンだと思っているんですよ。でも本当はそんなことなくて…。ビジュアルでもやっていけるんだよ!っていうことを知らないから、メイク道具を買ってもらって…」と力説した。

以前、番組内で「私は女として見られていない…」と泣き出したことがある織田が女性らしさをアピールしたことに対し、土田が「われわれは織田のことを女として見てるよ」とコメント。それに対し織田は「気持ち悪い…(笑)」とつぶやきスタジオを爆笑に包んだ。

織田はそのトーク力がファンから評価されているメンバーで、その力を遺憾なく発揮した回だった。

次回の「欅って、書けない?」は5月21日(日)放送予定。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)