妻夫木聡「これから戦いが始まる感じ」“家族会議”の裏側明かす

妻夫木聡「これから戦いが始まる感じ」“家族会議”の裏側明かす

「家族はつらいよ2」の舞台あいさつに山田洋次監督の他、豪華キャストが登壇した

山田洋次監督最新作となる「家族はつらいよ2」が、5月27日(土)の公開に先駆け、15日にユナイテッド・シネマ豊洲にて、監督キャストが勢ぞろいのファミリートークイベントを行った。

満員の会場の中、平田周造役の橋爪功を筆頭に、周造の妻・富子役の吉行和子、長男・幸之助役の西村雅彦、幸之助の妻・史枝役夏川結衣、長女・成子役の中嶋朋子、成子の夫・泰蔵役の林家正蔵、次男・庄太役の妻夫木聡、庄太の妻・ 憲子役の蒼井優、そして本作を手掛けた山田監督の計9人が、撮影以来初めて全員集結し、観客も交えて笑いあふれる舞台あいさつとなった。

出演者が勢ぞろいする家族会議のシーンが見せ場の本作。そのシーンを撮影するに当たって「これから戦いが始まる感じ。緊張感を持ってやっています」と撮影中の雰囲気を語る妻夫木に、周りの出演者も「うんうん」と納得の様子だった。

蒼井も「今回も家族会議のシーンが山場なので、終わったらみんなでおいしいものを食べようって話してたんです。うな重を食べるとこの家族はもめるので、うな重以外で(笑)」と本編になぞらえ、撮影中のエピソードを明かして会場を沸かせた。

今回は女性客限定のイベントで、事前に家族に関する悩みや思いを募集。その悩みに平田家の面々が答えるという形式のイベントとなった。

一般客からの「三世代で食事をする際、それぞれの好みが違うので苦労する」という悩みに対して、西村は「お母さんに対しては頼み方が大切! ちょっとした気配りが必要なんです」と話すと、「それはご家庭でも実践されている?」と山田監督からのツッコミが。これには西村も「それはまた別の話で…」とタジタジだった。

長男の妻を演じた夏川は「三世代の食事、大変ですよね。食事のシーンの撮影中は私はずっと立ちっ放し、座ることがなかったです。ご家庭で実践されている方を尊敬します」と母親という役目の苦労を語り、会場の“奥様方”も共感した。

続いて「歳を取るにつれ、家族からの呼ばれ方が雑になり悲しい」との悩みに、橋爪は「それはしょうがない。下手に褒めても怒られる」と夫の心情を語りつつ、「うちはハグしますよ。嫁は嫌がってるけど(笑)」と自身の夫婦エピソードを明かし、その仲良しっぷりに他の共演者から「いいなー!」との声が上がった。

また、橋爪とは幾度となく夫婦役で共演している吉行は「パート2だけ見た方は『一人で旅行なんて行って、なんて気ままな奥さんかしら』と思うかもしれないけど、前作では、夫に尽くしています。今回だけでなく前作も見てほしいです」と語ると、「お母さん! 自分のフォローじゃないですか!(笑)」と息子役の妻夫木がツッコミ、温かな笑いが会場を包んだ。

さらに、積極的に家事を手伝わない夫に対して非難が殺到すると、林家は「食器を洗っていてもし割ったら怒られるし、片付けようにも『しまう場所が違う!』と言われてしまう」と反論。

このやりとりに、山田監督は「女性ばかりが家事をして男性は女性に任せっ切り、これは今大きな問題ですよね。もしこの映画の続編があるならばそれもテーマにしたいですね」と次回作への思いを語った。

家族の数だけ悩みがある、そんな家庭の事情が明かされた今回、山田監督は「『家族はつらいよ』という映画は、どんなことで家族が悩み、どんなことで幸せを感じているのかを描いた映画です。作る側としては、それが楽しいんです」と作品への思いを語った。

最後に橋爪は「この出来損ないの家族をまた皆さんに見ていただきたい。日本全国に笑いを巻き起こす展開になればいいと思います」とあいさつし、大歓声の中で平田家のメンバーが会場を後にした。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)