竜星涼が語る、「ひよっこ」綿引が抱くみね子への恋心とは?

竜星涼が語る、「ひよっこ」綿引が抱くみね子への恋心とは?

綿引正義役で出演する竜星涼

連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)で、“爽やかイケメン”として人気を博す綿引正義(竜星涼)。綿引は失踪したみね子(有村架純)の父・実(沢村一樹)の行方を捜している警察官で、みね子の暮らす寮にも度々足を運び、女子工員たちをとりこにしてしまう男性だ。

そんな綿引を演じる竜星にインタビューを行い、「朝ドラ」出演の感想や撮影現場での様子を聞いた。

──出演が決まった時の気持ちを教えてください。

率直に、うれしかったです。今は亡き祖母が唯一見ていたのが、「朝ドラ」でした。もう少し早く出演できていたら、その姿を見せられたのにとも思いますが、天国から見守ってくれていると思いますね。

──「朝ドラ」へのこだわりはあったのですか?

そうですね。オーディションを受けたのは(今回で)3回目です。“早寝早起きの方たちでも見るテレビドラマ”というのは特別なものだと思いますので、「出てみたい」と思っていました。

──綿引は訛っていますが、方言のせりふは苦労しましたか?

綿引は、東京の人に囲まれて仕事をしている時には標準語に近い話し方で、みね子たち同郷の人に会うとポロッと訛りが出るんです。そういうさじ加減が難しかったですね。

僕の母は山形県出身なんですけど、仕事をしている時だったり買い物に出掛けている時には全く訛らないのに、家に2人でいる時にはだいぶ訛っているんです(笑)。そういうのが参考になりました。

綿引は誠実な警察官ですから、せりふを話すテンポをゆっくりにして、一言ずつはっきり話すようにしています。

──警察官役ならではの役作りはしましたか?

指導の先生に、所作を教えていただきました。最近は警察官役が多く、いろいろな時代の、いろいろな部署の警察官に詳しくなっています(笑)。

──綿引が実を捜すのは、同郷だからなのでしょうか?

出稼ぎに来て行方不明なってしまう人が多かったあの時代に、1人1人を捜すのは警察といえども難しかったんだと思います。ただ、綿引はそんな状況に、葛藤があったんだと思いますね。だから同郷の人が困っているのを見て、「これは助けないと!」という綿引なりの“正義”が働いたんだと思います。

──綿引にとって、みね子はどのような存在なのですか?

みね子との関係性については、監督とじっくり話し合いました。初めのころは、みね子は同郷の出身で、お母さんである美代子(木村佳乃)さんから預かっている妹のような感じだったんだと思います。そのうちに「いいな」と思って、みね子に恋愛感情を持つようになるのかどうかで、だいぶ悩みましたね。

まだ台本が出来ていなくて、先の展開が分からなかったんです。でも、「そういう(恋愛の)感情があってもいいんじゃないかな」という解釈で演じました。苦労してきた2人にしか分からない、波長があるんだと思います。みね子は感じ取っていないのかもしれませんけど(笑)。

──ご自身は、みね子のようなタイプをどう思いますか?

男はみんな、ああいう女の子を放っておかないんじゃないですか?(笑) 応援したくなりますよね。何かに向かって一生懸命に頑張っている人のことは、「いいな」と思います。

──乙女寮の女子工員たちから熱い視線を注がれますが、撮影現場で意識したことはありますか?

(キャストの中に)男が僕しかいなかった時は、男性スタッフさんを見ると「仲間がいる」と思って安心しましたね。

乙女寮は花園ですから(笑)、なかなか彼女たちの話には加わりづらかったんですけど、助けてくれたのは有村さんでした。以前共演したことがあったからなのか、僕が助け舟を求めていたからなのか(笑)、話し掛けてくれて居心地の良い雰囲気を作ってくれました。

──井之脇海さん演じる雄大とは、どのような関係なのでしょうか?

女の子たちばっかりの乙女寮で、やっと話し相手を見つけたような感覚でしょうか(笑)。井之脇くんとは、撮影現場でも(役と)同じような間柄でしたね。

──“イケメン枠”として注目されることについては、どう思いますか?

そうですね…(笑)。注目されるのは、“台本の力”に尽きますからね。視聴者の方に「いいな」と思ってもらえるのであれば、それは全て脚本家の岡田(惠和)さんの力だと思います。

──みね子と喫茶店に行くシーンは、いかがでしたか?

「ひよっこ」はセットが物語ってます! その時代にタイムスリップした感覚になるくらい、素晴らしいセットだと思いました。

実は喫茶店のシーンで、「みね子ちゃん、歌うまいよね。紅白も行けるよ! 司会もやれるんじゃない?」というアドリブの会話をしていたんです。

それで、みね子が歌って、「綿引さんも…」と言われたところでカットがかかって。監督は「何であそこでカットをかけたんだ」って、後悔されていたみたいなんです(笑)。その影響なのか、正義は海で歌うシーンがあるんです…。

──今、お仕事について手応えを感じていますか?

やっていることは何も変わりませんが、いろいろな役者の方たちと共演させていただいて、知識やスキルが身に付いていっているなとは感じています。それを発揮できる場所があるうちは、一生懸命やっていこうと思います。

──これから挑戦したい役はありますか?

そうですね…。ぜひ、警察官以外の役を!(笑)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)