「ひよっこ」八木優希、『澄子ちゃんは限りなく面白い!』

「ひよっこ」八木優希、『澄子ちゃんは限りなく面白い!』

夏井優子を演じる八木優希

連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)に登場する、ヒロイン・みね子(有村架純)の先輩でありルームメートの夏井優子。体が弱く寝込みがちではあるものの、仕事ができて後輩たちの仲も取り持つ優子は、みね子にとって憧れのお姉さん的存在になっている。

そんな優子を演じる八木優希は、香取慎吾演じる主人公の娘・雫役を熱演して話題となった「薔薇のない花屋」(2008年、フジテレビ系)など、16歳にして数多くの作品に出演し注目を集める実力派女優だ。

「朝ドラ」に出演するのは「おひさま」(2011年)に続く2度目だという八木にインタビューを行い、本作への思いや、撮影中のエピソードを聞いた。

──出演が決まった時の感想を教えてください。

「おひさま」に続いて、今回も岡田(惠和)さんの作品に出演できると聞いてうれしかったです。前回とは違う八木優希を、岡田さんにも見せられたらいいなと思って演じています。

──「おひさま」と「ひよっこ」で、違いを感じますか?

前回はまだ小学生でヒロインの幼少期の役だったので、今回は全然違う感覚です。「ひよっこ」のオーディションを受けた時には、どんな役なのか全く分からなかったんです。役が決まって台本を渡された時に、20歳を演じるのだと知りました。成人の役ができるのは、演技の勉強をする上でいい経験になっていると思いますね。

実は「ちゅらさん」(2001年)の時にも、撮影現場には行っているんです。泣く赤ちゃんの役だったんですけど、私はずっと寝ていて、結局出演できなかったみたいなんですが(笑)。

──優子はどんなキャラクターだと思いますか?

乙女寮のルームメート5人のことが好きで、後輩に対しては面倒を見てあげたいと思っているし、幸子(小島藤子)には幸せになってほしいと願っています。体が弱くてみんなから心配されることも多いんですけど、その分みんなにお返しをしたいと考えているんだと思います。

演じている私も、みんなともっと一緒にいたいと思っちゃうくらい、仲間のことが大好きなキャラクターですね。

──優子との共通点はありますか?

私は病気がちではないですし思ったことも言えちゃうので(笑)、優子とはあまり似ていないと思います。でも、優子は例えば、「先輩として後輩たちにいいところを見せたい」とも思っているはずです。そういうところには共感できるので、演じやすい役だと感じています。

──年下ながら年長者を演じることに、難しさを感じましたか?

撮影が始まるまでは年齢のギャップに気負っているところもあって、みんなとうまく絡んでいけるか不安だったんです。でも、実際に現場に入ると、全然そんなことなくて。藤子ちゃんも積極的に話し掛けてくれましたし、年下だからって遠慮しなくていいんだなと思えました。藤子ちゃんは、同い年のような感じがしちゃっています(笑)。

──乙女寮の中で面白いなと思う人は誰ですか?

松本穂香ちゃん演じる澄子ちゃんは、限りなく面白いです!(笑) 澄子ちゃんと豊子(藤野涼子)ちゃんが小競り合いをするシーンがあったんですけど、澄子ちゃんが気合いを入れ過ぎて頭から倒れちゃって、画面から消えちゃったんです。「ここでこれをやったら面白いな」ということを、全てやってくれるのが澄子ちゃんですね!

──当時のファッションを再現した衣装について、どう思いますか?

幸子がデートの時に着るワンピースが、すごくかわいいんです。でも、澄子のはちょっとダサいかな(笑)。豊子は、もんぺとか制服が多いです。かわいい衣装の子と、田舎から出てきた感が強い子の差が大きいと思いますね。

──最後に、一番印象に残っているシーンを教えてください。

一番初めに思い出すのは、クランクインした日に撮影した豊子と時子(佐久間由衣)のけんかのシーンです。台本で何ページにもわたる長い場面でしたし、みんなが仲良くなるきっかけになる、大切なシーンだったと思っています。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)