Bitter & Sweetメジャーデビューで田崎あさひ、アイスを食べる!

Bitter & Sweetメジャーデビューで田崎あさひ、アイスを食べる!

Bitter & Sweetが、メジャーデビューシングル「幸せになりたい。/写真には残らないシュート」の発売記念イベントを開催した

Bitter & Sweet(ビタースウィート)が5月17日、シングル「幸せになりたい。/写真には残らないシュート」でメジャーデビュー。神奈川・タワーレコード横浜ビブレ店で発売記念イベントを開催した。

田崎あさひ、長谷川萌美の2人は、詰め掛けたファンに「本日、メジャーデビューをさせていただきました!」と報告。そして、デビューするまで大好きなアイスクリームを封印していた田崎は、ファンの前でアイスクリームを4年ぶりに食べる“儀式”を行った。

田崎は、'12年に「第2回FOREST AWARD NEW FACEオーディション」でグランプリを受賞したことをきっかけに、'13年にソロデビュー。長谷川は、'13年開催の同オーディションでグランプリを受賞した。

そんな2人で'13年末に結成されたBitter & Sweetは、メジャーデビューを目指し、ライブを中心に地道な活動を続けてきた。だが、'16年はCDのリリースがないなど、壁にぶつかる機会も少なくなかっただけに、メジャーデビューの喜びは格別なものとなった。

この日のイベントは、メジャーデビューシングル「写真には残らないシュート」でスタート。2人はこれまでの、そしてこれからの2人と重ね合わせたような歌詞を、一言一言大切そうに歌い、歌い終えると会場は普段のリリースイベントよりも一段と大きな拍手に包まれる。

そして、ファンの手でメジャーデビューを祝う寄せ書きの横断幕が掲げられ、一斉にクラッカーが鳴り響き、2人は「すごい!」「ありがとう!」と感激の表情を見せた。

続いて、田崎のアイスクリーム解禁の“儀式”に。ステージにアイスケーキが運びこまれ、それを持った田崎は「この冷たさに感動してる!」と満面の笑顔。記念撮影を終え、長谷川がアイスをスプーンですくって田崎の口へ運ぶと、田崎は足をバタバタさせながら跳ねるように喜ぶ。

「あのねぇ、何て言うのかな、すごくとろける! 気持ち的には、もう10年くらい食べてなかったから」と大感激。久しぶりに口にしたアイスの冷たさに、「知覚過敏になったみたい」とファンを笑わせつつ、「こんなにおいしいアイスは初めてです!」と語った。

さらに、田崎は「(ソロ時代も含め)4年間応援してくださった皆さん、ありがとうございました。私たちBitter & Sweetは叶えたい夢がたくさんあるのですが、1つの目標だったメジャーデビューを今日、叶えることができました。皆さんに支えられて、本当に嬉しいなと感じています。これから私たち自身いろんな世界を見ていきたいし、そこに皆さんも連れていきたいという夢があります」と、ファンへの感謝を明かす。

一方、長谷川は「私たちの、バンド編成のツアーが決定しました!」と発表。バンド編成のライブの経験はあるBitter & Sweetだが、ツアーは初めて。そのツアーは、8月13日(日)の東京・青山RiZMを皮切りに、名古屋、大阪、新潟で開催される。

田崎は「とにかく、故郷の長崎でライブをしたいと思っているので、皆さんよろしくお願いします」とアピール。その後、メジャーデビューシングルのもう1曲「幸せになりたい。」でリリースイベントを締めくくった。

イベント後、長谷川は「今日はたくさんの人が集まってくださって、本当に感動しました。Bitter & Sweetとして“ここから始まる”という気持ちになりました」と話すと、田崎も「今日は、リハの段階からものすごくお客さんが盛り上がってくれたことが、本当に嬉しかったです。4年間ずっと応援してくださった方に、この場所でメジャーデビューを報告できて良かった!」と感激を口に。

2人は「これから自作曲をたくさん作っていって、CDリリースすることを次の目標として頑張りたいと思います!」と口を揃え、まずは「夏のツアーを盛り上げていきたいと思います!」と意気込んだ。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)