滝沢秀明主演映画「こどもつかい」子どもの霊たちが合唱する特別映像が公開!

滝沢秀明主演映画「こどもつかい」子どもの霊たちが合唱する特別映像が公開!

映画「こどもつかい」の特別映像が公開!

6月17日(土)に全国公開される滝沢秀明主演映画「こどもつかい」の公開を記念して、ストップモーションムービーが公開された。

同作は、「呪怨」シリーズを手掛けた清水監督の最新作となるエンターテインメントホラー。映画初主演となる滝沢が“こどもの霊”を操り、子供に恨まれた大人の命を奪うミステリアスなキャラクターを怪演している。特殊メイクにも挑戦し、新境地を開く。

共演は、連続不審死事件の謎に迫る記者・駿也役の有岡大貴、駿也の恋人で、ふとしたことから子供に怨まれてしまう尚美役の門脇麦。フレッシュなキャストが揃い、体当たりの演技で滝沢演じる“こどもつかい“と“こどもの霊“に立ち向かっていく。

今回は、映画公開を記念して、“こどもの霊”たちが登場するかわいいストップモーションムービーの一部が解禁。劇中でもたびたび登場する「こどもの歌」を合唱しており、ついつい口ずさんでしまいそうだ。

映画の予告編では、この歌に魅入られた大人は3日後に“こどもつかい”と“こどもの霊”によって命を奪われてしまうが、特別映像では映画の世界観をのぞくことができる。また、完全版にはさらなる展開も加わり、5/20(土)よりSMT(松竹マルチプレックスシアターズ)系列の劇場にて、幕間映像として上映される。

映画の公開まで、特別映像を楽しみながら「こどもつかい」の世界観を堪能しよう。

■ あらすじ

新人記者・駿也(有岡)は、郊外で起こった連続不審死事件を追ううちに奇妙な偶然にたどり着く。小さな子供が失踪した3日後に、その周りの大人が死んでいるのだ。死んだ大人たちは子供に恨まれていたという。

街の人々の間に広がる“こどもの呪い”のうわさ。これは、事件なのか? 呪いなのか?

そして、駿也の恋人・尚美(門脇)がふとしたことでこどもに恨まれ、“こどもの呪い”が現実に迫りくる。尚美を守るため呪いの核心に近づこうとする駿也だが、2人の前に現れたのは、謎の男“こどもつかい”(滝沢)。男の笛の音とともに、物影から、廊下の奥から、そして背後から、次々に“こどもの霊”が現れ、襲い掛かる…!

“こどもつかい”とは何者なのか? 果たして2人は、この“呪い” と“恨み”から逃れることができるのか…。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)