藤原竜也「22年目の告白―」×感覚ピエロの特別コラボPVが解禁

藤原竜也「22年目の告白―」×感覚ピエロの特別コラボPVが解禁

藤原竜也がカリスマ殺人犯を演じる、映画「22年目の告白−私が殺人犯です−」

藤原竜也・伊藤英明の初共演映画「22年目の告白―私が殺人犯です―」(6月10日土より全国公開)の主題歌である、ロックバンド・感覚ピエロが書き下ろした「疑問疑答」と本編シーンがコラボした特別PVが解禁となった。

映画「22年目の告白―私が殺人犯です―」は、藤原竜也が国民に衝撃を与える殺人犯・曾根崎雅人を演じ、警察やマスコミを挑発しながら日本中を狂わせていく新感覚サスペンスエンターテインメント大作。本作の主題歌「疑問疑答」はメジャーやインディーを問わず特に若い世代に人気のロックバンド、感覚ピエロが担当しており、ロックな主題歌と劇中の本編シーンがコラボした特別PVが公開された。

PVは藤原竜也が演じる殺人犯・曾根崎と、伊藤英明演じる牧村刑事がぶつかり合い、劇中同様シリアスな展開が続く見ごたえのある映像になっている。かつて残忍な犯行で5人の命を奪い、時効を迎えて22年後に世に出てきた殺人犯・曾根崎は、とても殺人犯とは思えないほど美しい容姿とカリスマ性を兼ね備え、世間の注目を集める。曾根崎の本が飛ぶように売れるなど“曾根崎ブーム”が巻き起こる一方、愛する人を殺された遺族や警察の憎しみは募るばかり。牧村の後輩・春日部(演:竜星涼)は「あんなやつ 死んだって誰も責めないですよ!殺されても当然じゃないですか!」と声を荒げる。殺人犯・曾根崎の目的とは一体何なのか?

主題歌は感覚ピエロが本作のために描き下ろし、入江悠監督と丁寧に話し合いながら制作された。殺人犯、刑事、被害者遺族、マスコミ、殺人犯に熱狂する人々など、いろんな感情を持つ人たちが複雑に絡み合う本作を鑑賞後、歌詞を書いたという秋月琢登(G)は「自分が真実だと思ったことが周りの人から見たら全然違ったり、人それぞれ自分の世界があるので、同じ空間にいても感情とか思っている事はそれぞれ違う。そんな中で誰の感情にも あてはまる歌詞にしようと思いました」とコメント。入江監督は出来上がった曲を聴いて「歌詞を読むと、曾根崎にも牧村にも当てはまるし普遍性がありますよね。映画の最後の音楽で“攻撃性”を持たせたかったので、彼らに任せて本当に良かったと思いました」と映画の音楽にこだわったことを明かした。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)