大野拓朗は浮気する!? 佐藤江梨子「不届き者!」

大野拓朗は浮気する!? 佐藤江梨子「不届き者!」

大野は「愛おしい」と金時を見つめる

動物ドラマの金字塔「猫侍」のスタッフが再集結して制作された映画「猫忍」の初日舞台あいさつが5月20日に行われ、大野拓朗、佐藤江梨子、藤本泉、麿赤兒、船越英一郎、渡辺武監督が登壇した。

映画初主演を務めた陽炎太役の大野は「忍術があまり種類は出てこないんですけど、僕はこの映画のすいとんの術が大好きなんです。あからさまに、その竹筒の下に人はいないでしょって。クラシックな忍術がこの作品の売りだと思うので、そこを見ながら楽しんでもらいたいと思います」と、作品の“緩さ”をアピール。

一方、紅葉を演じた佐藤は「大野さんとのシーンが多かったんですけど、『燕』って何度も間違えるんですよ。女の名前を間違えるということは、浮気がすぐにばれるタイプなんじゃないかな」と、大野に疑いの目を向けた。

すると、燕役の藤本も「私も『紅葉』と間違えられたことあります」と暴露。すかさず、佐藤が「本当ですか!? 不届き者ですね。無意識に寝言で(浮気相手の名前を)言っちゃうタイプ」と声を荒げると、大野は「絶対に浮気はしない」とたじたじだった。

しかし、久しぶりの対面となる猫の金時が登場すると、大野の表情は一変。「愛おしいですね。かわい過ぎるでしょ〜」とメロメロに。

「金ちゃんはすごい名優ですよ。台本を読み込んでいるんじゃないかなってくらい、ストーリーに即した芝居をしますし、アドリブで鳴くんですけど、返事をするかのようにベストタイミングで鳴いたり、あとは基本的におとなしいので、“金時NG”もほぼなく順調に撮影は進みました」と撮影時のエピソードを披露。

また、ベテランの麿も「芝居の役作りは金時からヒントを得たんですよ。動かない役なんですけど、そのじーっとしている芝居が金時はうまい。だんだん金時化してきたというか、猫化していると思いますよ。一番猫を嫌っている役なんですけど、実は金時に芝居を教わりまして、ああいういい芝居ができたと思っております」と絶賛だった。

MCの有村昆から「これまで猫や犬の映画はいろいろありましたが、『猫忍』はどういう立ち位置ですか?」と聞かれた船越は、「新しいですね。和み系動物映画の誕生みたいな。ほっこりと和んでいただいて。でも、切れのいいアクションもあるので、和み系アクションエンターテインメントという感じですかね」と分析した。

最後に大野が「本当に緩くて、敵は出てくるんですけど、そこもどこか抜けているところがあって、愛らしい部分があって、どこにも悪い人が出ていないんですね。癒やしの作品になっていると思いますので、気楽に見ていただいて、金時のかわいさにニヤニヤしていただいて、笑えるところでは大きな声で笑っていただいて、日々の疲れを吹き飛ばしていただけたらなと思います」とあいさつし、イベントを締めくくった。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)