超特急・カイ、「東京喰種」で窪田正孝“カネキ”の親友に!

超特急・カイ、「東京喰種」で窪田正孝“カネキ”の親友に!

「東京喰種 トーキョーグール」に超特急・カイこと小笠原海が出演する

実写映画化が決まった石田スイ原作の累計1800万部を誇る人気コミックを実写化し、窪田正孝が主演を務める「東京喰種 トーキョーグール」より、第4弾キャストが発表。窪田演じる金木研(カネキ)の唯一の親友・永近英良(ヒデ)役として、大注目のグループ・超特急のメンバーである“カイ”こと、小笠原海が出演することが決まった。

本作は、2011年のコミック連載開始からその独特の魅力的な世界観に、10代、20代の男女を中心に熱狂的なファンを獲得し、2014年にアニメ化。2015年からは舞台化、ゲーム化されるなど、さまざまなメディア展開で人気を博す大ヒット作となった。

実写版では窪田の他、ヒロイン役で清水富美加、そして鈴木伸之、蒼井優、大泉洋といった豪華キャストが出演することでも話題を呼んでいる。

今回発表された小笠原演じるヒデは、カネキの幼なじみで、同じ大学に通う、カネキの唯一の友人。勘が良く、カネキとは正反対の活発な性格で、幅広い友好関係をもつヒデは、原作で

も人気のキャラクターだ。

喰種になったカネキの“秘密”を知る由もないヒデは、カネキの体を気遣い、変わらずカネキの側に寄り添う。

■ 小笠原海(カイ)コメント

僕自身、東京喰種のファンなので今回のお話を心から光栄に思います。「喰種」と「人間」の2つの世界でさまよう親友・カネキが、「人間」としての心を保つための存在でありたい。

何があってもカネキの味方でありたい。という気持ちで演じさせていただきました。

たくさんの思いの込もったこの作品を1人でも多くの方に見ていただければと思います。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)