注目を集める“パパ活”をドラマ化!渡部篤郎が野島伸司作品に初参加!!

注目を集める“パパ活”をドラマ化!渡部篤郎が野島伸司作品に初参加!!

野島伸司脚本、主演・渡部篤郎のオリジナルラブストーリー「パパ活」がdTVとFODで配信決定!

映像配信サービス「dTV」が再びフジテレビとタッグを組み、脚本・野島伸司、主演に渡部篤郎、飯豊まりえを迎えて10代から20代の女性を中心に注目を集める“パパ活”を題材にしたオリジナルラブストーリー「パパ活」を6月26日(月)からdTVとFODで同時配信することが分かった。

dTVでは第1弾として、主演・山下健二郎(三代目 J Soul Brothers)による男女6人の恋模様を描いた王道ラブストーリー「Love or Not」をFOD(フジテレビオンデマンド)で同時配信し、第2弾として現代の新たな男女関係“パパ活”を題材にスキャンダラスな男女の恋愛を描く。

■ 野島が現代の新たな男女関係を中心に人間の本質をリアルに描き出す!

同作は、カラダの関係がなく、デートをするだけで金銭的支援をしてくれる男性との交際を意味する“パパ活”という、現代の新たな男女関係を中心に人間の本質をリアルに表現。ストーリーが進むにつれて、視聴者の想像を超える展開が待ち受けるスキャンダラスなラブストーリーに仕上がっているという。

また、主演の渡部が“パパ活”を通じて、隠されていた真実に直面しながら衝撃的な運命へと導かれる45歳大学講師・航を、飯豊はごく普通の20歳の女子大生だったが、私生活の問題で生活のためにパパ活を始める杏里をそれぞれ演じる。さらに健太郎、霧島れいか、橋本さとしら個性豊かなキャストが物語を盛り上げる。 

■ 脚本の野島、主演・渡部&飯豊が見どころを語る

脚本の野島は「『パパ活』は、援助交際をきれい事で包んだとも言われていますが、現代世相の1つです。背景には、授業料、奨学金が払えない貧困女子という、社会問題とつながっているようです。物語はフィクションであり、入り口のモチーフとして使い、中年男性との想像も出来ない恋物語に移行します。ヒロインと同じように進むかどうかの選択肢は多義に渡ります。自分に置き換えて視聴して楽しんでもらえたらと思います。なお、くれぐれも、サイトへの登録は自己責任ですが(笑)」と物語の見どころを語る。

主演の渡部は「自分には似ていない人物を演じる事は、大変貴重な経験で、役の感情を理解することに普段以上に時間をかけた様に思います。分からない事など、いろいろな方向からその人間を考える時間もとても貴重でした。野島伸司さんの脚本に参加させていただくのは初めてで、50歳手前で参加させてもらえた事も、また1つ勉強になりました」と新たな発見もあり、「複雑な恋愛をテーマにしたドラマですが、心に傷を負った人達の精一杯生きようとする、愛の作品をお楽しみください」とコメント。

飯豊は「自分の父親と同い年くらいの相手。日常では出会えないような人といま話題になっているパパ活がきっかけで出会い、恋をする物語。パパ活を超えた2人の関係の先にみえるものはなんなのか。年の差の恋愛を不朽の名作をうみだしている野島さんがまた違う形で書かれたこと、愛の形や人とのつながりの深さ、それを同年代の方達にも感じ取っていただきたいです。大人の男性にしかできないようなオシャレな胸キュンシーンもあります」とアピールした。

■ 主題歌は今、注目を集めるシンガー Beverlyに 

本作の主題歌は、カンテレ・フジテレビ系連続ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(毎週火曜夜9:00)主題歌(オープニング曲)に新人ながら大抜擢され、注目を集めるシンガー Beverlyの「Unchain my heart」に決定。妖しげなバイオリンによるイントロと、切ない歌声が本作の世界観を彩る。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)