主題歌を手掛けるGLIM SPANKYがドラマ初出演! 内藤剛志も“最高の縁”に大喜び

主題歌を手掛けるGLIM SPANKYがドラマ初出演! 内藤剛志も“最高の縁”に大喜び

GLIM SPANKYが「警視庁・捜査一課長 season2」にゲスト出演!

5月25日(木)に放送される「警視庁・捜査一課長 season2」(毎週木曜夜8:00-8:54、テレビ朝日系)の第6話に主題歌を手掛けるGLIM SPANKYが登場し、初のドラマ出演となった。

同ドラマは、2012年7月に「土曜ワイド劇場」(テレビ朝日系)からスタートし、2016年4月クールの「木曜ミステリー」枠で放送された人気シリーズの第2シーズン。一課長・大岩(内藤)を中心とした熱き刑事たちの奮闘を描くととともに、“人間”を見つめたミステリーとなっている。

ドラマを盛り上げている主題歌「美しい棘(いばら)」を手掛けるGLIM SPANKYは、松尾レミと亀本寛貴の男女2人による、大注目の新世代ロックユニット。内藤も主題歌に決定する以前からGLIM SPANKYのファンだったといい、そんな縁もあって今回のドラマ出演が実現した。

25日放送の第6話では、ビルの屋上で飛び降り自殺の寸前につまずいて死んだ資産家の遺体が発見されたところから物語が始まる。やがて、被害者は余命3ヶ月でありながら、死の1周間前にミステリアスなホステス(井上和香)と再婚していたことが発覚。大岩は“つまずいた男”の死の謎に迫っていく。

GLIM SPANKYの2人が演じるのは、なんと“本人役”。大岩らに街頭で聞き込みを受け、重要な証言を行う通行人として登場する。1シーンのみの出演ながら、内藤をはじめ、斉藤由貴、金田明夫、田中圭ら主要キャストとからむシーンとなっており、4人のベテラン俳優に囲まれながら、演技に挑んだ。

西新宿の高層ビル街で行われたロケに、早朝から参加した2人は、撮影スタート当初はやや緊張した面持ち。だが、撮影の合間に内藤と音楽談義で盛り上がり、現場は終始和やかムードに。次第に緊張もほぐれたのか、自然な演技を見せ、監督に自ら動きを確認するなど熱心に取り組んでいた。

初のドラマ撮影を終えたGLIM SPANKYは、内藤から「100点! 自然体でよかった!」と絶賛され、「ヤッター!」と笑顔で大喜び。パワフルなステージで知られる2人だが、「実際にせりふを言うとなると、どう表現したらよいか本当に難しくて、俳優さんたちはすごいなと実感、ドキドキな体験でした!」(松尾)、「“役を演じる”ことが、実はとんでもなく難しいというのをリアルに学びました」 (亀本)と、撮影の感想を真摯に振り返った。

そんな2人と共演した内藤は、「全然、緊張が顔に出ないのがすごいね! もともと生徒会長と副会長だから、人前に立つことに慣れているんだよね(笑)」(※2人は同じ長野県松川高校の出身で、松尾が副会長、亀本が生徒会長を務めていた)と、ファンだからこそ知る2人のエピソードを明かし、本人たちを驚かせる一幕も。 

内藤はまた、「“人に流されず、自分で考えて動くんだ”という強い意志を、お2人の歌から感じる」と、GLIM SPANKYの音楽に共鳴する理由を明かした。

そして、「今、僕たちが目指しているのもそういうドラマで、とてもマインドが近い気がするんです! まさにピッタリで “最高の縁”でつながることができてうれしい!」と今回の共演を喜び、最後はガッチリと握手を交わした。

■ 第6話(5月25日放送)あらすじ

ビルの屋上で、“飛び降りる寸前”の遺体が発見された…! 捜査一課長・大岩純一(内藤)が運転担当刑事・刑部公平(田中)と共に臨場すると、柵の手前でうつぶせに倒れている男性の遺体が目に入った。胸ポケットには遺書もあり、どうやら飛び降り自殺をしようとしてつまずき、鉄柵に側頭部を強打したらしい。 

だが、現場の向かい側で美容室を営んでいる井本美紀子(尾上紫)が、屋上で2人の人物がもみ合っているところを目撃したと証言。ピンクのワンピースを着たグラマーな女性が、あわてて立ち去るのも見たという。

被害者の木俣秀典(住田隆)は不動産開発会社を経営していたが、先月、会社を15億円で売却したばかりで、私生活では5年前に離婚し現在はひとり暮らしだとわかる。しかも、木俣は肝臓がんを患い、余命3カ月と宣告されていたことも判明。遺書には、女性のものと思われる指紋も見つかった。

そんな中、木俣がなんと事件の1週間前に再婚していたことが判明!その相手は、ホステスの君島ゆり菜(井上)。ゆり菜が木俣をたぶらかして結婚し、15億円の遺産目当てで殺害したのか…!? ところが、平井真琴(斉藤)が訪ねたところ、ゆり菜は婚姻届が出されたことを知らなかった様子で…!?

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)