「コード・ブルー」追加キャスト決定!救命救急フェロー役に有岡大貴ら

「コード・ブルー」追加キャスト決定!救命救急フェロー役に有岡大貴ら

7月スタートの“月9”ドラマ「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」(フジ系)で、灰谷俊平役を演じる成田凌

7月スタートの“月9”ドラマ「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」(毎週月曜夜9.00-9.54フジ系)の追加キャストが発表され、フライトドクターを目指す救命救急フェロー役として有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、成田凌、新木優子が新規加入、ナース役に馬場ふみかが出演することになった。

本作は、7年ぶりに山下智久ら5人のキャストがそろっての新シリーズを放送。かつてフライトドクター候補生だった耕作(山下)らが一人前の医師・看護師として救急救命の最前線で活躍する姿を描く。

有岡が演じるフェロー・名取颯馬は名医として名高い名取総合病院の院長兼経営者の一人息子。医師としての技術は持っているにもかかわらず、なぜか医療に懸ける情熱が感じられない。その理由とは?

対照的に成田演じるフェロー・灰谷俊平は、真面目で心優しいが、スキル的に劣っていることをコンプレックスに思っている青年。要領が悪く、肝心な時に腰が引けてしまうなど、自己嫌悪に陥ることもしばしば。強く、頼りがいのある医師への遠い道程をどう歩んでいくのか。

また今回、新木と馬場はオーディションを受けて役を勝ち取った。最終オーディションは新進気鋭の若手女優ばかりが顔をそろえるし烈な戦いとなったが新木と馬場の二人が役を射止めた。新木は横峯あかり役を演じ、積極的で物おじしない行動力があるが、幼い頃に見た医療ドラマに憧れ医師を目指したという、若干夢見がちな一面もある。失敗の許されないドクターヘリの現場の厳しさに打ちのめされる日々だが、持ち前の明るさと素直さでそれを乗り越えていく。

馬場が演じるのはプライドが高く向上心の強いナース、雪村双葉役。1日も早く周りから認められようと気負うばかりについ実力以上の物言いをしてしまうことも。その前のめりな姿勢がいい方に転べば大きく飛躍すると先輩ナースである冴島はるか(比嘉愛未)は期待を寄せるが…。

さらに、山下演じる藍沢耕作のライバルとして立ちはだかる重要な新キャラクターとして、脳外科医・新海広紀役に安藤政信が決定。さらにセカンドシーズンから登場した椎名桔平演じる橘啓輔も今回のサードシーズンにも唯一無二の存在として再び登場する。

主演の山下は、自身もかつて経験した救命救急のフェロー役を後輩の有岡が演じることについて「楽な道のりではないと思いますが必ず乗り切ればそこから得られるものがありますし、成長できると思いますので一緒に歩んでほしいなと思います」と語り、有岡へ「命を扱う大切な役なので、つらい時や困った時があったり分からないことがあると思いますが先輩に頼って何でも聞いてきてほしいです」とアドバイスした。

一方、有岡は「今までは事務所の後輩として学ばせていただいていましたが、今回はフライトドクターの後輩として藍沢先生に学んでいきたいと思います」と山下との初共演を喜んだ。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)