安達祐実「人から愛されたい願望が強い奈津に共感します」

安達祐実「人から愛されたい願望が強い奈津に共感します」

「女囚セブン」で坂本奈津を演じる安達祐実

5月26日(金)に第6話が放送される剛力彩芽主演ドラマ「女囚セブン」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)。本作は、何者かの策略のせいで殺人罪で刑務所に収監された謎多き京都の芸妓(げいこ)・神渡琴音(剛力)が他の女囚たちとバトルを繰り広げながら、真相に迫っていく“刑務所群像コメディー”だ。

琴音と同室で、食い逃げ常習犯で女子刑務所内ナンバー1の情報屋・坂本奈津を演じるのは、第1話のセーラー服姿が話題を呼んだ安達祐実。奈津を演じる安達にインタビューを敢行し、役どころや、共演者とのエピソード、今後の展望などを聞いた。

■ 同室メンバーの中で奈津が唯一まともな人です

――安達さんが演じる坂本奈津はどんな印象ですか?

たくさん情報を持っていて人懐っこく、変な人ばかりの同室メンバーの中ではまともな人ですね。割と常識人なのが、唯一奈津だけだと思っています。

奈津の過去が描かれた1話では、人から愛されたいという願望が強くて、そういう気持ちに共感しました。

琴音が入ったばかりの1話では小さなイジメをしていた奈津ですが、根本的にはいい子だと思うんです。構ってほしかったからなのかなと。そんな奈津のかわいらしさや、愛らしさが出せたらいいなと思っています。

――ツッコミ役に回ることが多い奈津ですが、安達さんは普段はどちらですか?

全然ツッコミキャラでもないですし、かといってボケキャラでもないですよ(笑)。

特に1話と2話はツッコミのせりふが多くて、どうやればいいんだろうって戸惑いましたね。でも、瑠東(東一郎)監督が関西の方なので、レクチャーしていただきながら演じました。

■ とんでもない話もしちゃうくらい仲良しです

――共演者の皆さんの印象を教えてください。

剛力さんはたたずまいが自然だし、現場にいてもさりげなくて。集中したいときには、集中しやすい環境を整えるのがすごく上手な方だなという印象です。琴音を面白いキャラクターに作っていて、魅力的だなと思います。

皆さんそれぞれ面白くて魅力的なんですけど、橋本(マナミ)さんはあんなにセクシーなのに実はあっけらかんとしている方なんですね。それなのに、出し惜しみなく“エロ”もやってくれるから、すごく好きです(笑)。(橋本さんは)よく笑う方なんですよ。この前は、自分でせりふを言いながら笑っちゃってました(笑)。

トリちゃん(トリンドル玲奈)は、本当に純粋に素敵な女の子ですよね。だから、汚しちゃいけないと思っていて、話す事柄と言葉遣いに気を付けています!(笑)。

――皆さん和気あいあいと楽しまれてるようですね。

毎日とても楽しい(撮影現場)ですよ。このメンバーで良かったです。ついついマイクを付けたまま、とんでもない話をしていたりして(笑)。「気を付けて!」と声を掛け合いながら、笑いが絶えない現場ですね。

■ マウンティング…うまく渡っていけそうな気がします

――印象的だったシーンなどはありますか?

(2話の)ダンスシーンはみんなで練習したこともあって、結束が固まり、絆が強くなったなぁと実感しました。みんなで共同室の中でわいわいやってる感じもしっくりきて、空き時間の雰囲気の良さが画面ににじみ出てるんじゃないかなと思います。

――安達さんご自身がマウンティングし合う状況に放り込まれたとしたら?

私はちょっと奈津に似てるところがあると思っていて。みんなにかわいがってもらいたい奈津は、八方美人なんですけど、私もみんなと上手にやっていきたいと思うタイプ。

協調性を大事にしたいという部分では私と似てると思います。あんまり自己主張もしないですし、当たり障りなくその場に居ることができるタイプなんじゃないかな。だから、嫌われもせず、重宝もされず、かと言って潰されもせず…うまく渡っていけそうな気がします! と、言いつつ最初に潰されちゃったりして(笑)。

■ 面白がってもらえる俳優でありたいですね

――これからの展望や、今後挑戦してみたい役などはありますか?

どんな役でも演じたいので、こういう役がいいという明確なビジョンはありません。ただ、面白がってもらえる俳優でいたいという思いはあるので、監督さんやプロデューサーさんから「安達祐実をこうしてみたら面白いんじゃない?」って、思っていただける人でありたいですね。

「どうとでも使って!」という気持ちです。そんな俳優になりたいです。

――最後にメッセージをお願いします。

すさんだイメージの刑務所を軽やかに表現しつつ、私たちが演じている女囚たちが背負うものも描かれていて、存分に楽しんでいただける作品になっています。テンポがいいと思いますし、毎回謎も散りばめられていて、私たちもいただいた台本までしかストーリーを知らされていないので、琴音の過去など先の展開が気になっています。

私が演じる奈津は目立たないけれど、居てくれてよかったなって思えるようなキャラクターに作っていけたらいいなと思いながら演じています。奈津にもどんな可能性が秘められているか、まだ分からないので、実は少し怪しさも残しつつ演じています。そんな奈津にも注目してもらえるとうれしいです。

■ 第6話(5月26日放送)あらすじ

ついに自分を冤(えん)罪に陥れ、黒革の手帳の在りかを血眼になって探っている人物の正体は内藤法務大臣(高嶋政伸)だと突き止めた琴音(剛力)。最後の刺客として自分に近づいてきた囚人ボス・うめ(木野花)を秘密裏に仲間に引き入れ、いよいよ反撃に出るための準備を開始する。

そんな中、謎だらけの政治秘書・司(山口紗弥加)の仮出所が近づいてくる。女性議員・高見沢楓(中谷さとみ)との面会で、内藤の総裁選出馬と高見沢の法務大臣就任の可能性を知る司。「早くここを出て、またわたしを支えてちょうだい」という高見沢の言葉に胸を熱くした司は、一日でも早く仮出所できるよう、“パロール審査”と呼ばれる仮出所前の指導期間に精を出すのだった。

これまでとは打って変わって、周囲にも優しく接する司に戸惑う女囚たち。桜子(平岩紙)や沙羅(トリンドル)がどんなに小馬鹿にしても、崇め奉る勢いで高見沢に心酔している司を見て、琴音はある疑念を抱く。実は司と高見沢の間には、ある秘め事と、ふたりだけの黒い約束が…。しかし高見沢には司も知らないもうひとつの顔があり…?

ある日、奈津(安達)から出所を前にした司の誕生日を祝おうと提案がある。うめ特製のどぶろくとケーキを用意し、お祝いを始めようとしたところ、司から思いもかけない言葉が! それをきっかけに、絆が生まれつつあった女囚たちの間に決定的な亀裂が入ってしまう…!

なぜ司がそこまで高見沢に心酔するのか――その理由を察した琴音は、司に近づき…?

一方、一条(梶芽衣子)は置屋に大金を届けてきた人物が誰なのかを独自に探り、内藤のもとに訪れ…? そして刑務所の中の琴音も、ある計画を実行に移そうとしていた…。

愛欲に溺れてしまった政治秘書は、みずからの汚れた理想から目覚めることはできるのか?

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)