鈴木伸之 町田啓太の代役で挑んだ初舞台を振り返る

鈴木伸之 町田啓太の代役で挑んだ初舞台を振り返る

2人の対談は、風情のある日本家屋で

EXILE THE SECONDのリーダーであり、EXILEのパフォーマーとして活躍する橘ケンチ。ケンチが毎月、EXILE TRIBEの仲間と対談する月刊ザテレビジョンの連載「EXCITE×EXILE!」で、劇団EXILEの鈴木伸之と対談。2010年に開催された「第3回劇団EXILEオーディション」がきっかけで、俳優の道に進んだ鈴木。ケンチとはこれまで舞台やドラマで共演経験がある。

ケンチ「もともと鈴木は『VOCAL BATTLE AUDITION 2』には落選したけど、そこから役者への道を進むことになった。人生って何が転機になるか分からないよね」

鈴木「オーディションを受けた当時はただ漠然と歌を歌いたいと思っていて。そんなに歌がうまくないので、落選するだろうなとは思ってました(苦笑)」

ケンチ「えっ? 落選覚悟でオーディション受けたの!? 逆にすごいよ(笑)。初対面のときに、でかいな〜って思ったのをよく覚えてる。今だから言うわけじゃないけど、役者に向いているんじゃないかと思った記憶があるな」

鈴木「役者にならないかと声をかけていただくまで、自分が役者をやると思ったことがなかったですし、何もかもが初めてのことばかりだったので、最初のころはずいぶん苦労しました」

ケンチ「舞台『ろくでなしBLUES』('10年)で、町田啓太がアキレス腱を切って急遽出られなくなったときの代役が鈴木で」

鈴木「はい。まだ劇団EXILEに入ったばかりのときでした」

ケンチ「で、ほぼ一晩で町田のセリフを覚えたという話を聞いて、役者根性があるなって思った。だってどう考えても逃げ出したくなるような状況だもんね」

鈴木「町田くんは劇団EXILEの同期なんです。あのときは町田くんが当時住んでいた8畳の部屋に行って、必死でセリフを覚えました。彼はアキレス腱が切れて相当痛いはずなのに、僕につきっきりで教えてくれたんです」

ケンチ「最初にそういう経験したら、その後何があっても乗り越えられるよね」

現在放送中の「あなたのことはそれほど」(TBS系)では、鈴木は妻帯者でありながら中学時代の同級生と浮気をしてしまう役どころに挑戦している。

鈴木「自分は結婚もしていないし、ましてや浮気の経験もないので、最初は自分に演じられるのだろうかという不安があったんですけど、今は新境地に挑戦している自分と役を楽しんでます。ケンチさんは演じられるときに役に寄っていくんですか? それとも役を自分に寄せていくんですか?」

ケンチ「役によって距離感は違うかな。自分に近い役ならこっちに寄せるし、全く違うキャラクターならそっちに寄っていくし」

鈴木「僕も同じです。今回のような役は自分から寄っていく醍醐味があるといいますか」

ケンチ「知らない自分に会える感覚があるよね」

鈴木「今回のドラマの中にある恋愛は、確かに世間的には許されないものですけど、そこにもピュアな感情があるというところを、見てくださる方に感じていただけるとうれしいです」

ケンチ「出会ったころは17歳だった鈴木が大人の恋愛を描いたドラマに出演するようになったんだもんなぁ。何かしみじみしちゃうね(笑)」

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)