東山紀之演じる刑事・天樹悠ら7人のスペシャリストたちが再集結!

東山紀之演じる刑事・天樹悠ら7人のスペシャリストたちが再集結!

東山紀之主演「刑事7人」(テレビ朝日系)の第3シリーズが放送決定!

テレビ朝日系の水曜夜9時枠で、7月より東山紀之主演ドラマ「刑事7人」の第3シリーズが放送されることが決定した。

同ドラマは、2015年7月クールに第1シリーズ、2016年には第2シリーズを放送。東山紀之演じる刑事・天樹悠を中心に、個性的なスペシャリストたち7人が、難解な刑事事件に挑んできた。

第3シリーズでは、「おまえらにはまだ、やってもらわなければならない“でかい仕事”が残っている」という謎の言葉を漏らし、「別動捜査隊」を解体した刑事総務課課長・片桐正敏(吉田鋼太郎)が自ら室長となり、犯罪が激増する東京臨海エリアを専従捜査する“最強の別動隊”「第11方面本部準備室」を発足する。

警視庁捜査一課12係時代の部下だった天樹(東山)をはじめ、12係に今も所属する沙村康介(高嶋政宏)、水田環(倉科カナ)、青山新(塚本高史)、未来犯罪予測センターの山下巧(片岡愛之助)、法医学教室教授・堂本俊太郎(北大路欣也)が再び集結し、“シリーズ最強の敵”との戦いに身を投じていく。

第3シリーズでは、主人公・天樹の衝撃の過去が明かされる。12年前に、臨海エリアの一角で事故死したとされていた天樹の妻・清と娘・聖。妻子を一度に失くした天樹は心に深い傷を負ったまま、事故の詳細は一切語られることはなかった。

しかし、清の父で、清の司法解剖も担当した第11方面本部準備室のメンバーでもある堂本の告白から、事態は急変する。堂本が12年間ひた隠しにしてきた“清の遺体の秘密”を天樹に打ち明け、殺人の可能性が浮上。

臨海エリアを捜査する天樹は、運命に導かれるように過去と向き合い、妻子の死の真相に直面する。

【東山紀之コメント】

主演を務めさせていただいた上に、その作品を3シリーズも続けさせていただくことは、今の時代では珍しいこと。ですから、素直にうれしいです。天樹を演じるにあたって「自分自身をありのままに出していこう」という思いが強いですね。

僕自身も妻と子どもがいるので、天樹の家族に対する思いについてより深く考えられるようになりましたし、自分の中にある引き出しや感情が、否応なしに反映されると思うからです。

レギュラー出演者の皆さんは「よくこんなに集めたなぁ!」と驚くくらい、どなたもプロフェッショナルで、クセのある方ばかり。視聴者の皆さんにも、この座組みならではの化学反応を堪能していただきたいです。

【プロデューサー・三輪祐見子氏コメント】

この夏も帰ってまいりました「刑事7人」。今年も東山さん演じる天樹刑事を筆頭に、スペシャリストたちが凶悪事件に挑んでいきます。今回このチームが専従するのは、毎日ニュースでその名前を聞かない日はない今とても熱い街、臨海地域です。

輝かしい日本の未来を担うこの街を、昼夜を徹して守ろうと奮闘する姿をお届けします。ハードなアクションも取り入れて、より一層パワフルに進化した「刑事7人」をぜひご期待ください。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)