B.LEAGUEファイナルついに開戦!初代チャンピオンを直前予想

B.LEAGUEファイナルついに開戦!初代チャンピオンを直前予想

B.LEAGUEチャンピオンシップ・ナビゲーターを務める佐々木クリスが、B.LEAGUEファイナルの見どころを語る!

5月27日(土)、昨年9月に開幕したB.LEAGUEの初代王者がついに決定する。今シーズン、ファイナルの舞台で激突するのは、川崎ブレイブサンダースと栃木ブレックス。川崎は49勝11敗、栃木は46勝14敗という成績でレギュラーシーズンを終え、過酷なプレーオフのトーナメントを勝ち上がってきた。初代チャンピオンを決める記念すべき一戦の前に、B.LEAGUEチャンピオンシップ・ナビゲーターを務めるバスケットボール解説者/NBAアナリストの佐々木クリスに、決戦の見どころや注目プレーヤー、勝敗予想を語ってもらった。

――川崎と栃木、両チームのここまでの戦いぶりを振り返ってみていかがですか?

今回のベスト4である川崎ブレイブサンダース、栃木ブレックス、シーホース三河、アルバルク東京と、千葉ジェッツを加えて「トップ5」という表現を自分の記事ではしているんですけど、川崎と東京、栃木と三河のセミファイナルはどちらも第3戦までもつれましたし、実力は本当に拮抗していると思います。その中でも、最後は長く一緒にやっているチームの差、そして選手層の厚さが出ましたね。川崎は東京よりもベンチメンバーの貢献があり、得点だけじゃなく、ディアンテ・ギャレットや田中大貴に対するディフェンスでも、結局は選手層の厚さが後押しした。

栃木も同じように、田臥勇太でスタートして、チームの得点が止まったら渡邉裕規を出すし、ディフェンダーでは遠藤祐亮のあとに須田侑太郎が控えていたり、あとはジェフ・ギブスがベンチから出てくるという恐ろしさもあります。そして、両チームとも長く一緒にプレーしているケミストリーがあり、意思統一が取れている。「最後に1本」となった時に、せーの!で一致する連帯感、これらが物を言って、ファイナル進出に繋がったんじゃないかなと思います。

――同じ強みを持っているわけですね。では、それぞれ相手より勝っている武器、強みは何でしょうか?

一戦必勝のゲームなので、顕著に現れるかは分からないんですけど、川崎はリーグナンバーワンの圧倒的なシュート力があります。これは極論ですけど、数字上では、彼らが打つシュートは基本的に期待値が高くなる。当然悪いシュートもありますけど、それだけのシュート力を持っているということが、栃木との一番の差ですね。

対する栃木は、ポゼッションゲームといって、攻撃権の争いで絶対的に優位にあります。一番分かりやすいのはリバウンドとターンオーバーですが、特にオフェンスリバウンドの数が相手よりも多ければ、攻撃権の奪い合いで上回ることができますよね。逆にターンオーバーの数が相手を下回っていれば、攻撃権を明け渡していないことになるし、栃木は圧倒的にこの攻撃権争いが強い。横綱級ですね。

――ファイナルのカギとなりそうな注目プレーヤーを教えてください

川崎では、チャンピオンシップに入って好調な篠山竜青です。どちらかと言うとスリーポイントに少し難があると言われていたんですが、彼のスリーポイントが好調なことによって、チームにも好循環がもたらされている。相手も対策を変えなきゃならないし、彼が決め続けられれば、相手に対策を強いる、アジャストさせることができて、主導権が握りやすくなりますね。もう1人、栃木のポゼッションゲームに対して、ニック・ファジーカスは走り勝てないんですよ。良いリバウンドを取られてしまうと、ニックは戻れなくて攻められてしまう。ライアン・スパングラーを獲得した意義はそこにあると思います。

走ってリバウンドで頑張れる、ニックの弱点を補うために彼は来ているので、スパングラーと栃木のジェフ・ギブスのマッチアップも面白いと思います。栃木の日本人プレーヤーでは、僕はずっと遠藤祐亮に注目しています。ディフェンダーとしては確立されているので、オフェンスの潤滑油としてスリーポイントを決めたり、ピックアンドロールから効果的にチャンスメイクをできるかなど、優勝するため、チームがもう一つ高みに到達するためには、彼から生まれる勢いが必要なのかなと思います。

――どちらが優勝するか、クリスさんの予想を聞かせてください

優勝するのは、千葉に勝った栃木です。ポゼッション争いの圧倒的な質量、重みというのを現地で見ていても感じました。あとは一発勝負だと、どうしてもシュートが入らない日ってありますからね。シュートが入らなくなった想定での争いだと、栃木の方が上をいくと思います。これまでも栃木は、自分たちのシュートが入らなくても、我慢しきるゲームをずっとやってきている。千葉に対して22点差を引っくり返したり、17対0のランで三河を猛追したり、自分たちがダメなら相手をチョークスリーパーで沈めるっていう戦いができますから(笑)。

B.LEAGUE CHAMPIONSSHIP 2016-17 FINAL「川崎ブレイブサンダースvs栃木ブレックス」は5月27日(土)の15時10分に東京・国立代々木競技場 第一体育館でティップオフ。フジテレビ系とNHK BS1で生放送される。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)