石原良純らが「史上最強の絶品釜めし」作りに挑戦!

石原良純らが「史上最強の絶品釜めし」作りに挑戦!

「史上最強の絶品釜めし」の称号を懸け、3チームが激突!

めったにお目にかかれない貴重なご当地食材をご当地出身・縁のあるタレントが走り回ってGETし、地元の有名料理人とタッグを組み、食材の良さを生かして“釜めし”を作る「めしフェス 史上最強の絶品釜めしNo.1決定戦」が、テレビ朝日で5月27日(土) 昼2時30分から放送される。

同番組では、「史上最強の絶品釜めし」の称号を懸け、この土地でしかお目にかかれない幻の食材、豪華絢爛な食材、旬の食材など、地元ならではの食べ方を研究しながらニュースタイルの釜めしを発明する。

■ 鎌倉最強の釜めしが誕生!

鎌倉釜めしを作るのは、神奈川県出身の石原良純。新鮮な海の幸と鎌倉野菜で知られる鎌倉で、その魅力を生かした洋風な釜めしを作る。

まずは鎌倉野菜を探しに畑へ。そこで石原が見つけたのは、鮮やかな黄金色の「金美(きんび)人参」。とても柔らかく、サツマイモのような甘みがあるという。また、極上の肉といわれる葉山牛をGET。釜めしにどのように使うのか? 地元の人たちの協力の下、さまざまな食材を集めていく石原チーム。新鮮な食材をたっぷり使用した鎌倉最強の釜めしが誕生する。

■ “海の宝石箱”をテーマにした、ぜいたくな釜めし!

静岡県出身の神保悟志は、熱海の多種多様な地魚を使用した釜めしを。テーマは“海の宝石箱”。食材を集めるために神保が向かったのは熱海で最も漁場が広いという伊豆山港。次々と揚げられていく立派な伊勢海老や肉厚のワカメに神保は大興奮。

順調に食材をそろえていく中、神保が「こんなの見たことがない!」と驚きの声を上げた海鮮とは!? 見ても楽しい、ぜいたくな海鮮類を使った“宝石箱”のような釜めしは必見!

■ “山菜の仙人”と共に険しい山道で山菜採り!

山梨県に別宅を所有するまこと・富永美樹夫妻は、自然豊かな八ヶ岳で食材の素材を生かしたシンプルだが味わい深い釜めし作りを目指す。

今の時期は山菜がたくさん採れるということで、一同は山へ山菜採りに。険しい山道で“山菜の仙人”と共に、さまざまな山菜を集めていく。さらには、熱海チームに対抗するべく、料理長こだわりのきれいな水が豊富な八ヶ岳だからこその新鮮な魚を取りに行く。山を代表する川魚とは一体?

■ “史上最強の絶品釜めし”がついに決定!

3チームの釜めしがそろい、場所はフェス会場へ。会場に集まったお客さんが3種類の釜めしをそれぞれ試食、順位をつける。

まずは、お客さんが一番気になった釜めしを選びに行くが、なんと鎌倉釜めしに大勢の人が! 熱海・八ヶ岳チームの逆転はあるのか!? “史上最強の絶品釜めし”が決定する瞬間をお見逃しなく!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)