ハライチ澤部、MC昇格も共演者からのツッコミにタジタジ?

ハライチ澤部、MC昇格も共演者からのツッコミにタジタジ?

日本各地から“絶対にハズさないテッパントーク”が集合!

テレビ朝日系では、5月30日(火)夜7時からハライチ・澤部佑がMCを務める「日本テッパン遺産」が放送される。

同番組は、面白ガイドや盛り上げパフォーマンス、笑える説法など“絶対にハズさないテッパントーク”を日本各地からノミネートし、そのテッパントークを“日本テッパン遺産”として認定していくスペシャル企画の第2弾。

今年1月28日(土)に放送された第1弾(関東地区のみ)が好評を博したため、今回、全国ネット・ゴールデンタイムに堂々進出。それに伴い、第1弾に“審議委員”として出演した澤部がMCに昇格した。

澤部は“審議委員長”を務めることになった天海祐希の他、梅沢富美男、榊原郁恵、ヒロミ、SHELLY、岡副麻希らゴールデン帯バラエティー番組の“テッパンメンバー”を前に番組進行に挑んだ。

収録スタート早々、梅沢から「何でおまえがMCなんだよっ!」と激怒?された澤部。実は、第1弾では澤部とSHELLYが“審議委員”、梅沢が“審議委員長”の役割で出演していたが、ゴールデンに昇格したこの第2弾で、梅沢は澤部とは対照的に、ヒラの審議委員になっていた。

梅沢は「いったいなんなんだよ! 前回はSHELLYと3人で楽しくできたし、オレは委員長だったのに! 何でおまえだけ昇格されてるんだよ!」とボヤキ全開で怒涛(どとう)のクレーム。

さらに、SHELLYも「審議委員のメンバーが素晴らし過ぎて、MCとのバランスがおかしい!」と言いたい放題。ヒロミも「普通は、ポジション的には梅沢さんとオレのどちらかがいればいいよな。2人をそろえたってことはスタッフも相当、澤部のMCが不安だったんだろうね!」と厳しくツッコんだ。

そんな疑問の声に対し、澤部はタジタジになりながらも「梅沢さんが一般審議委員になったおかげで、審議委員長として天海祐希さんが来てくれたんですよ! 澤部の隣に天海祐希って、スゴイことでしょ!!」と、キリッと逆襲。その後も巧みなトーク回しで番組を盛り上げる。

番組では、日本各地のテッパントークを紹介していくが、審議委員たちが自身のテッパンエピソードについてトークを繰り広げるコーナーも。そこで、審議委員長の天海が意外なテッパンネタがあると告白。

それは「徹子の部屋」に出演すると、黒柳徹子から必ず「やって!」とせがまれるネタなのだとか。

そこで、天海が「徹子の部屋」に出演したシーンをまとめた貴重なVTRを特別に公開。さらに、天海がスタジオでそれを実演する。黒柳がハマった、天海のテッパンネタとは…? 

また、梅沢がプライベートで起きたエピソードのテッパントークの数々を披露。SHELLYが「何回聞いても爆笑できる!」と、絶賛のテッパンネタの内容とはどのようなものなのか、期待が高まる。

収録を終えた澤部は「バラエティーのテッパンメンバーに、スーパースターの天海祐希さん、というスゴイ方々が来てくださったので最初はとても緊張しましたが、収録が始まってみたら楽しかったですね。なにせテッパントークを集めていますから、テッパンの番組が出来上がってますよ!」と手応えを語る。

バラエティー番組はもちろん情報番組や、俳優などマルチに活躍している澤部。

地上波の単独でのMCは2回目の挑戦となるが、もはやMCもテッパンかと問われると「いえいえ“テッパン”には程遠く…まだまだペラペラ、へにゃへにゃな“板”という状態ですね。テッパンになるべく、自分という板を打ち続けて鍛錬していきたいですね!」と謙虚に語った。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)