舘ひろし、“イタズラ”仕込まれるも「ぶつける芝居ができた」

舘ひろし、“イタズラ”仕込まれるも「ぶつける芝居ができた」

舘ひろしと神田正輝によるW主演ドラマの第2弾がスタート

5月28日(日)夜10時より、NHK BSプレミアムにてドラマ「クロスロード〜声なきに聞き形なきに見よ〜」がスタートする。

本作は舘ひろしと神田正輝によるW主演ドラマの第2弾で、定年間際で大森臨港警察署の刑事課に異動した辰郎(舘)と、フリーのライターとして活動を再開させていた公平(神田)が、再び殺人現場で相見え…というストーリー。

「最後の1年」をキーワードに据えた、アクションあり人情劇ありの骨太な人間ドラマになっている。

都内で行われた完成披露会見には、舘と神田が出席。神田に仕込まれたという、ほほ笑ましい“イタズラ”を明かすなどした舘のコメントを紹介する。

なお、神田のコメントは6月3日(土)にアップ予定。

──まずは本作の完成を迎えた今の心境をお聞かせください。

毎回、台本を頂くのをすごく楽しみにしていました。そのくらい面白いドラマになっています。

──新たな共演者である神田穣さんの印象はいかがですか?

神田は同じ事務所でして、今作がデビュー作です。芝居はまだまだ稚拙ですね。ただ、私も稚拙ですから、稚拙同士で頑張っていました(笑)。当の神田は、現場で「(共演している)栗山(千明)さん、いいな」って言っていましたね(笑)。

──ご自身と辰郎に、共通点はありますか?

全くないですね(笑)。辰郎はストイックであり、ロマンチストで、男としてすごく魅力を感じます。自分と似ているところはなかなかないのですが、演じていて楽しかったです。

──前作に続き、神田正輝さんと共演されたことについてはいかがでしたか?

正輝はジャケットの裏に、「せりふ覚えてこいよ」っていう、シールを貼っていたんですよ(笑)。僕はNGが多いので、しくじったら見せようとしていたみたい(笑)。でも、僕が好きなぶつけていく芝居を、2人でできたのはすごく楽しかったですね。

──今回、「最後の1年」がキーワードですが、特に意識されたことはありますか?

定年が近い男がどんなふうに仕事をするのかということを、考えていましたね。私もそろそろ最後が近いですから(笑)。そういう意味では、万感の思いでやっています。“大人のドラマ”になっています。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)