欅坂46、メンバー間の“微妙な人間関係”明らかに

欅坂46、メンバー間の“微妙な人間関係”明らかに

欅坂46-4thシンク?ル「不協和音」

5月28日(日)の「欅って、書けない?」(テレビ東京)は、「『不協和音』大ヒット御礼!僕は嫌だ選手権」を放送。欅坂46のメンバーが“嫌だ”と感じている日常的な出来事を告白した。

織田奈那の「読書をしているのにちょっかいを出してくるメンバー…僕は嫌だ!」に始まり、「『ねぇねぇ』と言いながら肩をたたいてくる(長濱)ねるの力…僕は嫌だ!」(齋藤冬優花)、「何の用事もないくせに電話やメールをしてくるお父さん…僕は嫌だ!」(小池美波)など、各メンバーが思いのたけをぶつける中、長沢菜々香の「最近、織田が電話に出てくれない…僕は嫌だ」という発言が大問題に発展した。

長沢は「初期の頃はすぐに電話に出てくれていたのに、最近、全然出てくれない。自然に切れるまで出てくれなくて、切れた瞬間に『何?』ってLINEがくるんですよ」と状況を説明。

織田は「菜々香の電話は長いんですよ。切ろうとすると『やめて! やめて! やめて!』って言うんです―中略―1時間ぐらい、ほぼ菜々香がしゃべってます」と電話に出ない理由を語った。

MCの澤部佑(ハライチ)が「何をしゃべってるの?」と聞くと、織田は「くだらな過ぎて…菜々香の悩みとか」と回答。すると長沢が「(私のこと)嫌い?」と織田に直接問いかけた。

妙な空気を感じた他のメンバーから「怖〜い!」と悲鳴交じりの声が上がる中、織田が「嫌いじゃないよ。好きだけど、ウザったいかな。ちょっと」と答えると、長沢はやや満足げにうなづき、「何分ならいい?」(長沢)、「5分」(織田)、「じゃあ今日電話していい?」(長沢)、「いいよ」(織田)と二人だけの会話が進行。「1日1回、5分だけ」と主張する織田に同意を示しつつ「じゃあ毎日電話するよ」と笑顔を見せた。

いったんその話は収束したのだが、番組のラストで長沢がこの企画の優勝者に選ばれると二人のトークが再燃。

「(1日1回、5分だけでは)足りない…」という長沢のつぶやきを聞いた織田は、「じゃあ、(電話に)出ません」ときっぱり。すると長沢は「そしたら家の前に行く」と、まるでストーカーのような宣言!これを見かねたMCの土田晃之は「もう『また来週』でよろしいですかね?(笑)」と何とかその場を収めていた。

次回は、6月4日(日)夜0:35より放送予定。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)