「3ねんDぐみガラスの仮面」新作がVR劇場で公演

「3ねんDぐみガラスの仮面」新作がVR劇場で公演

「3ねんDぐみガラスの仮面」新作がDMM VR THEATERで公演される

アニメ「3ねんDぐみガラスの仮面」の新作「3ねんDぐみガラスの仮面〜とびだせ私たちのVR(ヴィクトリーロード)〜」が、7月22日(土)よりDMM VR THEATERで公演される。

「3ねんDぐみガラスの仮面」は、漫画「ガラスの仮面」の連載40周年記念として、2016年10月から12月にかけて放送された3Dアニメ。ミニキャラになった北島マヤらが、現代社会を風刺するギャグを繰り広げる学園ドラマだ。

今回の新作では、キャラクターたちが実際にそこにいるかのような錯覚を起こすVR(ヴァーチャルリアリティ)映像技術を駆使し、シアターでしか体験できない演出とストーリーが展開される。

さらに、今作から登場する新キャラクター・聖唐人(ひじりからと)も公開に。キャラクターボイスを担当する緑川光は、「『ガラスの仮面』の原作とは高校生の時に出会い、非常に感銘を受けました。なので、今回参加出来てとても嬉しいです♪」とコメントした。

公演期間は7月22日(土)から9月3日(日)までで、平日1公演、土日3公演の計29公演。チケットの先行販売は6月25日 (日)までとなっている。

■ 「3ねんDぐみガラスの仮面〜とびだせ私たちのVR(ヴィクトリーロード)〜」あらすじ

マヤ、亜弓、桜小路。現代人を熱くする為に立ち上がった彼等の舞台初日は三日後!妥協を許さない月影先生の指導のもと、いまだに演目も決まらず大混乱!一方、マヤの舞台を見るため劇場に急ぐ速水真澄と、その影武者である聖唐人(ひじりからと)にもキビシイ試練が待ち受ける!いま、とんでもない舞台へのヴィクトリーロードが幕をあけちゃう!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)