門脇麦がホラーの現場で見たものは…子供に懐かれる滝沢秀明?

門脇麦がホラーの現場で見たものは…子供に懐かれる滝沢秀明?

映画「こどもつかい」でヒロインを務めた門脇麦

滝沢秀明が主演を務め、「呪怨」シリーズで知られる清水崇が監督したホラー映画「こどもつかい」が、6月17日(土)に全国公開される。

同作は“こどもの霊”を操り、子供の恨みを買った大人たちを処罰する謎の男・こどもつかい(滝沢)の恐怖を描くエンターテインメントホラー。連続不審死事件を調べる新聞記者・駿也(有岡大貴)は、恋人の保育士・尚美(門脇麦)が呪いを受けてしまったことから、尚美と呪いの解明に奔走する。

そこでザテレビジョンでは、ヒロインを務めた門脇にインタビューを敢行。本作の魅力や役づくり、現場のエピソードなどを聞いた。

■ お化け屋敷で腰を抜かしたぐらい苦手

――ホラー映画初出演、清水組初参加ということですが、そもそも、ホラーは大丈夫なほうですか?

ホラー苦手なんですよ。高校の文化祭のお化け屋敷で腰を抜かしてるぐらい、怖いのがとにかくダメなんです。なので、初めてご一緒する監督の作品はいつも何本か観てから臨むんですけど、今回は一つも見れずに撮影初日を迎えました。あ、「魔女の宅急便」(2014年)だけ見ましたよ!(笑)

――ホラーじゃないですね(笑)

観て「全然怖くないな」って。当たり前ですけど。でも台本を読んでみて、この映画は単なるホラー映画ではないんだなということが分かりました。

もちろんホラー要素もありますけど、こどもつかいのキャラクターや世界観にはファンタジーの要素もありますし、それに尚美は幼少期のトラウマを抱えていて、それを恋人の駿也とどう乗り越えていくかというドラマ要素もしっかり作り込まれている。ホラー映画だから、と特別構えずいつものように向き合おうと思えました。

――実際に現場に入ってからはいかがでしたか? 廃虚のシーンなどもありましたが。

廃虚は本当に怖かったですね…。でも現場は和やかでしたし、リアクションの部分はどうしても一人芝居のようになるのでシュールでした。3秒待って「きゃー」と言う、とか、一人で「ハッ!」とか言って、ふと「何やってるんだろう」って冷静になるときもあったり(笑)。

“怖い”とか“驚き”って外部からの刺激で生まれるものだから、そういう感情は自分で作り出せるものじゃないんだなと感じました。

■ 有岡さんを2、3日質問攻めにしました

――ホラー作品というと俳優の怖がり方もさまざまだと思いますが、そこはどう意識されましたか?

極力、全てをリアリティーがあるものにしたかったから、あえてノープランで臨みました。リアクションも見せる表現にはしたくなかったので。新人のころに出るのであれば話は違ったかもしれませんが、今私がホラーに出るという意味を考えたときに、ドラマパート含め、きちんと真実味を持たせたいと思いました。

――門脇さん演じる尚美の恋人で、ともに謎に迫る駿也役は有岡さんが務められました。

有岡さんはバラエティー番組などで拝見して社交的な印象を受けていたので、「仲良くしてくれるだろう」と思って現場に行ったら、実は人見知りをされる方で。なので最初の2、3日は質問攻めにしました(笑)。好きな食べ物なんですかとか。そこから徐々に話していただけるようになりましたね。

すごい真っすぐというか、心に素直な人なんだと思います。なんでも上手にできるけど、素直だからこそ不器用な面もあって、そのバランスがとても魅力的な方だと思いました。

■ 子供たちは滝沢さんにすごく懐いてて

――滝沢さん演じるこどもつかいは、何といってもまずビジュアルが目を引きます。

そうですね、怖いんですけど、美しかったです。もともとお顔がおきれいですからね。でも滝沢さんとは一緒のシーンがほとんど無くて、緊張しちゃって全く喋れていないんです。お化け役の子供たちは滝沢さんにすごく懐いていましたね。滝沢さんが「次本番が始まったら、ここはこうやるんだよ。わかった人!」みたいにまとめてて、先生みたいでした。

――子供たちは「呪怨」の俊雄のように恐ろしかったですが、現場はどんな状況だったのでしょう。

それが、現場で見るとみんなかわいくて、とにかく怖くないんですよ(笑)。みんななかなか言うこと聞かなかったりして、そんな中で怖がる演技をするのは大変でしたね。

――子供たちとの共演はいかがでしたか。

私、子供も苦手なんですよ…。どう接していいか分からなくて。でもそこは、積極的にコミュニケーションを取りました。尚美が預かる、蓮君役の(中野)遥斗君と話すためにゲームを覚えたりして。たくさん一緒に遊んで、私の台本は遥斗君の落書きだらけになりましたね。でも最後、監督に「子供苦手でしょ」って見抜かれたことがすごいショックで(笑)。

――その清水監督とは、ご一緒されてみていかがでしたか。

かわいらしい方でした。小学生の男の子みたいな感じで。ご本人の前では絶対そんな風に言えないですけどね(笑)。監督って、この人に付いていこうと思わせるタイプと、支えてあげたいじゃないですけど、この人のために力になれたらと思わせるタイプと、私は2パターンいらっしゃると思うんですけど、清水監督はなんでもやってあげたくなっちゃうような素敵な方です。

ちょっと口悪いですけどね。なのに、愛されキャラなんですよ。私目が悪くてセッティング中とか眼鏡を掛けてるんですけど、“近眼女”とか呼ばれてました(笑)。

■ スタッフさんの中に“見える”方が居て…

――ちなみにホラーの撮影は、現場で怪現象が起きるなんて話も聞きますが…。

スタッフさんの中に“見える”方が居て、あるとき、廃虚が歪んでるって仰ってましたね。でも私怖いの本当に嫌なんで、絶対うそだろと思ってましたけど。そんなね、歪むわけないじゃないですか(笑)。きっとああいう撮影してると、みんな怖がりたいんですよ。

――有岡さんは逆にささいなことも怖がっていたようですが。

それはきっと、ワクワクしていたんだと思いますよ、有岡さん(笑)。ちょっとノイズ入ったとか、モヤが掛かったって聞くと「え? 心霊現象じゃない?」みたいに盛り上がって。でもホラー映画をやっている最中だからからこそ、そこにワクワクしたくなっちゃう気持ちは少し分かります(笑)。

――門脇さんは怖いものは苦手だけど、怖がらないんですね。

こういうのは、気を強く持った者勝ちなので。「私は怖くない! ノイズは機械の問題!」みたいに自分の中で言い切って。とにかく気を張ってました。

――その気持ちがあれば呪いにも立ち向かえそうですね(笑)。では最後に、見どころをお聞かせください。

ホラー、ファンタジー、ドラマとさまざまな要素がしっかり作られているので、いろんな楽しみ方ができる作品だと思います。ホラーが好きな方、清水さんのファンの方はもちろん、滝沢さん、有岡さんのファンの方もお話が面白いので、ぜひご覧になってください。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)