「ゆとりですがなにか」で蒼井優が松坂桃李を惑わすスナックのママに!?

「ゆとりですがなにか」で蒼井優が松坂桃李を惑わすスナックのママに!?

7月2日(日)、9日(日)の2週連続で放送されることが決定した「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」

日本テレビ系にて、7月2日(日)、9日(日)の2週連続でスペシャルドラマ「ゆとりですかなにか 純米吟醸純情編」の放送が決定。併せて新たに蒼井優ら豪華キャストの出演が明らかになった。

同ドラマは、2016年4月〜6月に放送された「社会派コメディードラマ」。正和(岡田将生)、山路(松坂桃李)、まりぶ(柳楽優弥)ら「ゆとり第一世代」の悲哀を、脚本・宮藤官九郎が切なくも温かな目線で描き出し大きな話題を集めた。

スペシャルドラマでは、脱サラし実家の酒造を継いだ正和にまさかの問題が浮上。一方、山路は学年主任となり暇を持て余す日々を送っていた。そして、大学生となったまりぶは二人に追いつこうと、社会に出るため準備を始めるが…。

今回出演が明らかになった蒼井が演じるのは、山路の中学校時代の同級生・笠木久美。あることがきっかけで、地元の福島・郡山に帰郷した山路は、立ち寄ったホームセンターで久美と再会。一旦は別れるものの、その夜、山路は久美がママとして働くスナックを訪ね、二人は急接近する。

蒼井は「このドラマが好きで、ずっと見ていたので、参加させていただくことが決まった時、とてもうれしかったです。『ゆとりですがなにか』ファンとしても、たまらないスペシャルドラマになっていると思います! ぜひ、楽しみにしていて下さい」とコメント。

脚本の宮藤は「山路が初恋の女性と再会するエピソードを提案すると、すぐに蒼井優さんの名前が挙がりました。『出てくれたら最高ですね』と答え、“幸薄い系”の地元の同級生・久美ちゃんの一言一句を蒼井優さんに変換しながら、楽しく書かせていただきました。

完成したドラマを一足先に見たのですが、本当に素晴らしかったです。関わったら面倒なことになるの分かってても、『こんなにチャーミングで魅力的だったら、山路も話聞いちゃうよなあ』というさじ加減。

そして『ゆとり』の面々とは明らかに違う時間が流れていることを、せりふではなく表情や佇まいで語ってくださいました。蒼井優さん、いつも、ありがとうございます!」と、蒼井が作品に新たな風を吹かせたことを絶賛した。

ほか、酒蔵を巡る「ある計画」を受けて再就職先を探すことになった正和が登録した、人材派遣会社で出会う営業担当・富田役に清野菜名が決定。“ゆとり世代”よりもさらに若い“さとり世代”として、正和に衝撃発言を連発していく。

さらに、実家に戻った山路を迎える両親に鈴木正幸と梅沢昌代、山路の地元・郡山の同級生たちを、実際に福島出身および在住の若手役者陣が演じる。山路の「過去」を知る彼らが、どんな言葉を発するのかにも注目だ。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)