みやぞん、驚愕の“超人的能力”披露も“お笑い能力”は上田晋也「そういうの大丈夫です(笑)」

みやぞん、驚愕の“超人的能力”披露も“お笑い能力”は上田晋也「そういうの大丈夫です(笑)」

番組レギュラーの上田晋也

5月29日放送の「しゃべくり007」(日テレ系)に、人気急上昇中のみやぞん(ANZEN漫才)が登場。

「世界の果てまでイッテQ!」(日テレ系)への出演で、その身体能力の高さに注目が集まっているみやぞんだが、実はそれ以外にもさまざまな能力を持っているという。

小学校5年生から中学校3年生までキックボクシングを習っていたため、中学時代はケンカをしたこともないのに裏番長だという噂が広まり、他校の生徒がケンカを売りに学校までやって来たことがあったと明かす。

またそのパンチ力は本物で、ゲームセンターにあるのパンチ力を試すゲームでは、ずっと1位に名前が残っていたと言い、スタジオで実際におなじゲームに挑戦してみると“世界チャンピオン級”と判定が出る。

さらにキーボードの腕前も披露。誰かに習ったわけではなく見よう見まねで覚えたが、知っている曲ならば譜面を見なくても弾くことができ、リクエストに応えて「恋するフォーチュンクッキー」や「アナと雪の女王」のテーマ曲などを即興で弾いてみせる。

そんな中、みやぞんは人を見ただけで身長を当てられると言い出す。

試しに、名倉潤(ネプチューン)らでやってみると、ほぼ正解。有田哲平(くりぃむしちゅー)から「スゴイ」と褒められると、みやぞんは「人の器だけです。測れないのは」と上手いことを言おうとする。だが、狙ったものは全くウケず、上田晋也(くりぃむしちゅー)から「そういうの大丈夫です(笑)」と言われてしまう。

次回は、6月5日(月)夜10.00時より放送予定。ゲストは指原莉乃、藤原竜也らが登場する。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)