道枝駿佑の幼なじみ役、藤澤遥の魅力に迫る!

道枝駿佑の幼なじみ役、藤澤遥の魅力に迫る!

ドラマ「母になる」で、道枝駿佑の幼なじみ役・繭を演じる藤澤遥

日本テレビ系で放送中の沢尻エリカ主演の「母になる」(毎週水曜夜10.00-11.00)は、9年ぶりに息子・広(道枝駿佑)と再会した母・結衣(沢尻)が“母になる”ことの意味に悩み、葛藤しながら成長していく様子を描くドラマだ。

本ドラマで広の幼なじみ・繭を演じる藤澤遥に、役どころや撮影現場の様子、憧れの人などを聞いた。

■ 家族全員で「母になる」を見ています!

――繭はどんな子ですか?

明るくて元気な、普通の女の子です。監督さんからは、「明るく演じて!」と言われました。台本をもらった時、すぐに読んで繭はどういう人かなと考えました。

――監督さんに、繭のキャラクターについて確認はしたんですか?

撮影をしていくうちに「こういうふうにやって」と言われたりして、「自分の中でやっぱり繭はこういう子なんだな」と思って変えていっています。初めて演じるシーンが多く、どれも難しいです。

――道枝さんはどんな方ですか?

実は、まだあまり共演シーンがなくて、お話しする機会が少ないんです。この前、撮影現場に野良猫がいたんですけど、そのネコを見て「怖い」って言っていました(笑)。イヌは平気らしいのですが、ネコは苦手みたいです。

――お父さん役の浅野和之さん、お母さん役の板谷由夏さんとは、撮影の合間にお話したりしますか?

先日、学校の運動会があって、浅野さんとそのお話をしました。板谷さんは、「勉強はどのくらいできた?」「学校はどう?」など聞いてくれます。4月に中学生になったんですが、知っている人が少ないので、まだ環境に慣れていないんです。

――そんな浅野さん、板谷さんと一緒に演技をしてどうですか?

お2人とも、私が返しやすいテンポで会話をしてくださるので、演技しやすいです。

――家ではお母さんと一緒に本読みをしたりしますか?

だいたい一人でしますが、たまにお母さんに「ここはこういうふうにした方がいいんじゃない?」とアドバイスをもらったりします。

――オンエアは見ていますか?

オンエアの時間は夜遅くて寝ちゃうので、翌朝、録画したのを家族みんなで見ています。妹たちが放送を見ていろいろ言うと、お母さんが「分かんないのに、いろいろ言わないでくれる?」みたいなことを言い、結局は静かに見ています(笑)。

――沢尻さんとの共演シーンもありましたが、どうでしたか?

沢尻さんは演技がうまくて、自分にはまねできないような演技をしているので、すごいなと思います。第5話で板谷さんが沢尻さんに“ツーオク”のメークをするシーンでご一緒したのですが、すごいメークで一瞬「クスッ」と笑っちゃいました。

■ 趣味のクライミングを1日7〜8時間することも!

――藤澤さんは昨年の「レディ・ダ・ヴィンチの診断」(フジ系)で吉田羊さんと共演され話題になりましたが、芸能界に入ったきっかけは何ですか?

お母さんが夏休みの思い出作りみたいな感じで、オーディションに応募したんです。絶対入れないと思っていたのに、受かったんです…。

――強運の持ち主ですね。実際に入ってみてどうですか?

みんな怖い人かと思っていたけど、すごく優しくて面白いです! 小学5年生の夏休みにオーディションに受かったので、もうすぐ2年になります。

――周りのお友達の反応はどうですか?

「(ドラマに)出ていたねー。すごかったねー」と言われます。卒業式の時に、みんなから手紙をもらったんですけど、「よっ! 天才子役!」みたいな内容が多かったですね。そういうのはどう返していいのか分からないので、いつも通りにしてほしいなと思います。

――公式プロフィールの趣味の欄にクライミング(ボルダリング)と書いてありますが、スポーツは得意ですか?

スポーツは好きですが、運動神経はあまり良くないんです。5年生の春くらいからクライミングをずっとやっていて、始めたころに比べたらうまくなりましたが、まだまだです。

――始めたきっかけは何ですか?

もともと体を動かすのが好きで木登りとかやっていたんです。それを見たお母さんに、「クライミングというスポーツがあるんだけど、家の近くのジムでできるからやってみたら?」と勧められて、始めました。時間がある時はジムに行っています。同じくらいの年齢の子もいて、その子たちと一緒に練習しています。自分よりうまい子もたくさんいて、大人と一緒にやったりするくらいうまい子もいますね。

――「大会に出たい」とか、何か目標はありますか?

そこまでうまくないのでまだ目標はないですが、「とりあえず、うまくなりたい」と頑張っています。だいたい週3〜4くらいのペースでやっています。平日でだいたい1回4時間くらい、休みの日は8〜9時間くらいジムにいますね。普段、みんな2時間くらい練習していますね。

■ 憧れの人は日テレ人気番組に出演するあの芸人!

――今後やりたい役や憧れの方はいますか?

憧れの人は「世界の果てまでイッテQ!」(毎週日曜夜7.58-8.54、日本テレビ系)に出演されているイモトアヤコさんです。山登りとか、いろいろ難しいことに挑戦されていて、自分もあんなふうになれたらいいなと思います。まだこのお仕事に慣れていないので、まずは目の前にあることを頑張ろうと思います。いつか、バラエティーにも出てみたいです!

――普段よく見るテレビ番組はありますか?

バラエティーをよく見ます。やっぱり、イモトさんが出演されている「世界の果てまでイッテQ!」ですね。朝は「ZIP!」(毎週月〜金曜朝5.50-8.00、日本テレビ系)をよく見ています。

――8話の終わりから事務所の先輩でもある清原果耶さんが桃役として登場します。清原さんとお会いしたことはありますか?

お仕事を一緒にしたことはないですが、事務所に入ったばかりの時のレッスンの入れ替えでお会いして、「そのバッグ、かわいいね」って言ってもらえたことがうれしかったです。

――そんな清原さんが登場し、ストーリーに大きな展開があるのではと思うのですが、今後注目してほしいところはありますか?

まだ最終話まで台本をいただいていないのですが、「桃と広はどういう関係になるんだろう…?」というのは気になりますね。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)