「直虎」柳楽優弥が明かす大河ドラマで出会った大切な存在

「直虎」柳楽優弥が明かす大河ドラマで出会った大切な存在

神出鬼没の風来坊で、直虎のピンチを何度か救う。だが、その実体は盗賊団の頭領だった

柳楽優弥が大河ドラマ「おんな城主 直虎」(夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)に出演中。

柳楽演じる龍雲丸は、「大河ドラマ」では珍しいオリジナルの登場人物で、“謎の男”として直虎(柴咲コウ)の前に姿を現し、幾度となく直虎のピンチを救う。

しかし、その実態は盗賊団を率いる頭領。井伊谷から木を盗み出すなどの悪事を働くが、その見事な知恵と腕が直虎に買われ「井伊のために力を貸してほしい」と頼まれる。

そんな、物語の中でも異彩を放った集団を率いる龍雲丸を演じている心境などを聞いた。

――龍雲丸という役柄を演じていてのこだわりを教えてください。

言動や風貌もそうですが、直虎にとって、会ったことのないタイプの男でいたいという意識があります。盗賊団の頭という立場で登場するので、直虎に「こういう頭領もいるんだな」と感じてもらい、お互いに刺激を与え合う関係になっていけたらいいですね。

そして、頭という役柄ですし、自身のテンションを上げています(笑)。僕が「やるぞ!」と言ったら周りは「おー!」と応えてくれるので、その役柄を存分に楽しもうと思っています。

――盗賊団の頭という役どころで意識した点はありますか?

個性豊かなメンバーがそろっている軍団なので、そんな中でリーダーという存在感を出せるのか悩みました。ですが龍雲丸は、同じ境遇に陥った人物たちと何年も一緒に過ごしているうちに、次第に頭角を表していった人物だと思うので、“ザ・トップ”のような雰囲気で演じるのはやめようと決めたんです。

どんな人とでも対等に話せてしまう人柄と器、優しさを持った男をイメージしています。

――個性的な軍団の役者陣たちの印象を教えてください。

みんな仲がいいんですよ。モグラ役のマキタスポーツさんはすごく博学な方なので、「―直虎」の時代の振る舞い方、動作、話し方などを教えてもらいました。また、僕はスポーツが好きなので、力也役の真壁刀義さんに「“筋トレ”はどういうふうにしているんですか?」と話し掛けるようになり、それから仲良くさせていただいています。

ゴクウ役の前田航基君は、是枝裕和監督の映画に出演しているという共通点もある他、話も合うので一緒にいて楽しいですね。そして、カジ役の吉田健悟君とは、お互いに腹を割った話もできる仲です。

この仲の良さが劇中でも表れていて、騒ぐシーンでは明るく「―直虎」の世界を彩り、また、緊迫するシーンでは緊張し合えるという、メリハリのある軍団になっていますね。

――そんな軍団の存在をどう思っていますか?

本当に心強いですね。最初、一人で「大河ドラマ」の現場に入った時、どれだけ心細かったか。ですが、直虎が「この軍団の力を借りたい」と申し出てくれるような魅力と活気にあふれる集団に囲まれて助かっています(笑)。

――主演の柴咲コウさんの印象を教えてください。

直虎という作品を良くしていこうという気迫が伝わってきます。そして僕は元々、柴咲さんのファンで今の事務所に入っているので、こんなに長期間一緒にいられることができてうれしいですね。とにかく、きれいです(笑)。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)