【3パパだよりvol.8】三津谷亮「成長するために必要な課題が見つかった」

【3パパだよりvol.8】三津谷亮「成長するために必要な課題が見つかった」

短期連載企画“3パパだより”の第8回は、岡山朔役・三津谷亮に直撃!

堀井新太主演ドラマ「3人のパパ」(TBSほか)が放送中。本作は今を生きる“ゆとり・さとり世代”と呼ばれる男たちが、過去の無責任な行動が原因で赤ちゃんを育てることになり、困難にぶつかりながらも目の前の命と向き合い、共に成長する姿を描くハートフルコメディー。

ドラマの魅力に迫る短期連載企画“3パパだより”の8回目では、クールでマイペースな男・岡山朔(はじめ)役の三津谷亮を直撃! 連続ドラマへのレギュラー出演が初めてという三津谷に、役作りに対する思いや、今後の見どころについて語ってもらった。

――三津谷さんが演じる“岡山朔”の人物像を教えてください。

1話から3話までの朔は、周りにあまり深入りせずに自分の好きなモノだけをやってきて、周りの世界に自分から飛び込んだり、自分の世界に周りの人が飛び込んでくるのが好きではない、内にこもっているような人物でした。

でも、小さい命である晴大と1年一緒に過ごして、関わらなければいけないことが増えて、少しずつ社交的になっています。

――朔は三津谷さんと逆のタイプのように感じるのですが、演じる上で似ているなと思うところや、やっぱり違うなと感じるところはありますか?

似ているところは…自分で言うのもなんですが、繊細なところですかね(笑)。まぁ、それは冗談…として(笑)、本当に僕と朔は似てなくて、たっくん(拓人=堀井)とか恭平(山田裕貴)と一緒にふざけたくなっちゃうんですよね。

僕はもっとオープンに「笑ってください!」っていう押し売りのような性格なんですけど(笑)、朔は違うので、「朔だったらどうふざけずに面白くできるか」っていうのを毎回考えていて、7話は特にそれを意識した回になりました。

今まで自分が生きてきた中で歩んでこなかった、引き出しになかった部分なので、どう“三津谷亮”を出さずに朔ちゃんとして成立させるか、毎回悩んでいて…撮影中、ついつい楽しくやっちゃうと監督に「それ朔じゃない(笑)」とか、裕貴と新太も「それみっちゃんじゃん!」って言ってくれたりして…そこは気を付けて演じました。

――特に大変だと感じた部分はなんですか?

感情を抑えるのが大変でしたね。朔という役は喜怒哀楽をすぐに出さないし、本当に何を考えてるのか分からないタイプなんですけど、“三津谷亮”自身は、手に取るように感情が分かるタイプなので、今まで泣きたいときは泣いてきたし、笑いたいときは笑ってきた人生だったので、朔を演じるのは本当に新しい試みだったなと思います。

拓人をはじめ、熱いキャラクターの人が多いので、唯一冷めている視点というか、冷静な人物がいないと、逆に見てる方を冷めさせてしまうかもしれないのかなと思うので、朔はその部分でとても重要だなと思って、そこを意識してました。

感情を爆発させるだけじゃなくて、抑えるということも必要なんだなと毎回思うし反省しながら、時間をかけて待ってくれるという環境に甘えずに自分で発信だったり、そういう時間を大事にしながら演じられるようにしたいなと思いました。

――作中では晴大を通して成長していく3人のパパが描かれていますが、作品を通して、成長したなと思うことはありますか?

逆に、成長するために必要な課題が見つかった現場だったんじゃないかと思います。

成長って自分では分からなくて、今までもそうだったんですけど「成長したよね!」って言われて「そうなんだ!」って思うことが多くて、成長って周りが決めることだなって思うんですよね。

自分はとにかく足りないことだったり必要なことを勉強したり習得したりして、前に進んでいかないといけないと思うんですけど、この現場では課題がすごく見つかったなと思います。

――では、一番の課題だと思ったのは何でしょうか?

やっぱり感情のコントロールですね。僕はせりふと共に涙が流れてしまったりするんですけど、朔はこらえるタイプだったので、そういうところをもっとコントロールできるようになりたいなと思います。

――共演者の皆さまの印象はいかがでしょうか?

これまで舞台に出演する時は年下が少なくて、年上の共演者が多かったんですけど、今回は年上の立場としているのが新鮮でした。

でも、年下だと思えないくらいみんな精神年齢が高くて、むしろ僕の方が年下なんじゃないかって思うくらい(笑)。

みんなの方が映像での経験も多いので、背中を見ながら追い掛けている感覚が強いかもしれないですね。

濱田(マリ)さんは感情のコントロールがすごくて、モニターから感情が飛び出してくる感じなんです。モニターを見ていて思わず泣いちゃいました、「すごいな…」って。

画面を越えて感情を放出できるお芝居をこんな間近で見られて幸せでした、勉強させていただきながら一緒にやらせていただけて本当に感謝してます。

――これまで舞台の出演が多かったかと思うのですが、舞台とドラマで違うと感じたことはありますか?

舞台はお客さんが同じ空間にいるので、僕は「今お客さんはこういう気持ちで見てるな」とか思いながら、お客さんの空気を借りてお芝居をよくするんです。

緊張していたら緊張に乗っかって芝居するし、リラックスしていたらリラックスに乗っかって芝居するし、苦しくて泣きたいとかも劇場の空気を感じで感情を動かされている部分があって、もちろん一緒に板の上に乗ってる役者さんから動かされることもあるんですけど、お客さんが生で見て空気を与えてくれる影響力って強くて大きいんですよね。

今回、その力に頼れないから本当に難しいなと思いました。

赤ちゃんが目の前にいるっていう設定で、でもカメラを赤ちゃんだと思ってそこに向かってせりふを飛ばさなきゃいけないですけど、でも目だったり表情、リアクションが返ってこないから、想像で「こういったらこうやって返ってくるのかな」って想像で演じるということが、すごく新鮮で難しかったです。

あらためて、映像って大変だなと思いました。

撮影入る前は全然つかめなくて、でも新太と裕貴は映像の経験も豊富でアウトプットの仕方がすごく上手だったので、ちゃんと“たっくん”“恭平”が仕上がっていて、僕だけ焦っていたこともありました。

でも現場に入った時に、カメラマンさんやスタッフさんが周りの方の空気を借りてお芝居したらうまくハマった気がしたので、これからはそれも自分の課題としながらやっていきたいなと思いました。

いろいろな葛藤がありながらお芝居ができる、ぜいたくな現場だなと思います。

――最後に第7話の見どころ、朔で注目して見てほしいところなどを教えてください。

朔に関しては少しでも人に関わることでマイナスの感情を受けることも多かったんですけど、それ以上にプラスに返ってくる感情だったり、内にこもってたら見えない景色が見えるということを、赤ちゃんを通して理解し始めていて、だからこそ新たな目標が見えてくるんですけど、元々の朔のように内向的な方が朔を通して一緒に成長してくれたらうれしいと思います。

激しく社交的な人間になっているわけではないのですが、晴大に対して唯一見せる顔だったり、多少「朔ちゃん、明るくなったかな?」と思える要素が感じられる回になっていると思います。

また、今恋愛とか片思いをしてる方は、華ちゃん(松井愛莉)やるいちゃん(相楽樹)に自分を置き換えて疑似恋愛というか…そういうのを楽しんでいただければと(笑)。

ゆとり世代、さとり世代は責任感がないように思われがちですけど、実はちゃんと責任を持って、意思を持ってるんだよっていうところを見せられたらと思っているので、不器用な3人だけど、どう現実に立ち向かって成長していくか、というところを応援しながら楽しんでいただけたらうれしいです。

――ありがとうございます!

■ 第7話(5月31日)あらすじ

拓人らはテレビで幼児の誘拐事件のニュースを見て、晴大(室野慶心)がその誘拐された子供なのではないかと疑う。一方で、華(松井愛莉)らもニュースを見て怪しむが、拓人らは疑心暗鬼ながら何とかごまかそうとする。

そんな中、警察が聞き込みにシェアハウスにやってきて、3人は戸惑ってしまう。

次回の“3パパだより”は、大手商社に勤めるエリートで、3人のリーダー的存在である羽野恭平役の山田裕貴に直撃! 6月7日(水)昼0時に掲載予定!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)