映画の常識が変わる! 3面上映の映画館が日本初オープン

日本初3面上映の映画館登場

映画の常識が変わる! 3面上映の映画館が日本初オープン

映画の常識が変わる! 3面上映の映画館が日本初オープン

お台場に日本初の3面上映(正面&左右側面)型のスクリーンが誕生

7月1日(土)、日本初となる3面(正面+左右側面)・映画上映システム「ScreenX」(スクリーン・エックス)がユナイテッド・シネマ アクアシティお台場に導入される。

「ScreenX」は、韓国のCJ CGV社が開発した映画上映システムで、2015年に韓国で導入されて以来、 アメリカ、中国をはじめ世界各国108のシアターで導入されている。(2017年2月時点)

本システムでは正面スクリーンにプラスして左右側面(壁面)にも映像が写し出される。観客は270度の視界すべてに映画を感じられ、映画の世界に自分の感覚が没入していくような体験が可能だ。

「ScreenX」で上映される映画は、シーンによって正面のみに映像が投影されるシーンと、両側面に映像が投影されるシーンが存在する。

記念すべき第1作品目として公開される映画は、「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」に決定。孤高の海賊ジャック・スパロウの戦いを、最高の臨場感とともに体験しよう。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)