乃木坂46・3期生の次世代センター候補・山下美月「NOGIROOMでパジャマを着ると眠くなっちゃう」【3期生リレー連載#10】

乃木坂46・3期生の次世代センター候補・山下美月「NOGIROOMでパジャマを着ると眠くなっちゃう」【3期生リレー連載#10】

「NOGIBINGO!8」でバラエティーに本格挑戦する乃木坂46・3期生12名のリレー企画第10回には、3期生きっての美形・山下美月が登場!

乃木坂46のメンバーが、真の国民的アイドルグループになるべくさまざまな企画に挑戦するバラエティー番組の最新シリーズ「NOGIBINGO!8」(日本テレビ)が放送中。これまで1期生、2期生が時にクリーム砲を浴び、粉まみれになるなど体を張って名シーンを生み出してきた。この番組に2016年9月にグループ入りした3期生メンバー12名が出演している。

webサイト「ザテレビジョン」では、バラエティーのイロハを学ぶために体を張って奮闘中の3期生を直撃。それぞれが体験したあの企画の裏話や、他メンバーのバラエティー能力について語ってもらった。

第10回には、1期生メンバーから「すでにアイドルとしてのビジュアルが完成している!」と絶賛されている山下美月が登場。番組の中では、初回放送でクリーム砲を浴びたほか、サンシャイン池崎のモノマネを披露するなど、その美貌とは裏腹なバラエティー力の高さを見せている。

――「NOGIBINGO!」の収録は大変ですか? それとも楽しい?

山下:どっちもです(笑)。まだまだできないことが多いという意味では大変ですけど、ものすごく楽しいです! もともと番組を見ていたので、あのセットの中でイジリー岡田さんと共演していることが夢みたいですね。ずっとテレビで見てきた、バラエティー番組の中の出来事を自分たちが体験しているなんて。収録に参加するたびに「あぁ、私も本当に乃木坂46に入ったんだなぁ」ってひしひしと感じています。

――ドッキリを受けた後のうれしそうな表情が印象的です

山下:いや〜本当にうれしいんですよ。もちろんオンエアもチェックしています。第1回の放送は向井葉月ちゃんと連絡を取りながら、2人で実況をしながら見ていたんですけど「クリームを受けた後のリアクションがヤバイ!」「いや、そっちも食べた後の顔がヤバイよ!」という感じで。人生であんなに「ヤバイ!」を連発したことはなかったかもしれません(笑)。ひとつ気になったのは、クリームを受けた後、タオルで顔を拭いただけだったので、ほぼスッピンの状態で何事もなかったかのように座っている自分を見て「初回の放送からこんな顔面でいいのかな?」とは思いました(笑)。

――過去には白石麻衣さんもクリーム砲を受けて喜んでいましたね

山下:先輩の皆さんは全員尊敬しているんですけど、「NOGIBINGO!」ファンとしては白石さんの名場面もたくさん思い浮かびます。すごくおキレイだから、あんまりバラエティー的なことをやらなそうなイメージだったんですけど、いつもまっすぐに取り組んでいらっしゃってステキです。クリームもそうですし“黒石さん”っていうキャラクターもしっかり持ってらっしゃってすごいなと思います。

――3期生の中ではどのメンバーのバラエティー力に注目していますか?

山下:みんなまだ未知数でどうなっていくか分からない中、大園桃子ちゃんはすでに“大園桃子”っていうひとつのキャラクターを確立している気がします。企画とかを通り越しちゃうぐらいぶっ飛んでいますよね。本人はそんなキャラクターを持っていることを自覚していないみたいですけど、自然体であんな感じだからすごいです(笑)。

――自然体と言えば「NOGIROOM」はかなりリラックスできているようですね

山下:最初はやっぱり緊張しました。「NOGIBINGO!」の本編と違って、先輩やイジリーさんがいませんから、自分たちで回さなきゃいけませんし。最初は「何を話せばいいんだろう?」って思いましたけど、話し始めるとドンドン楽しくなっちゃって。

――ちなみに収録で着ているパジャマはご自分のリクエストしたものですか?

山下:私が初回に着ていたパジャマは、通販で頼んで、収録の当日の朝に届きました! 間に合って良かった〜。前日まで握手会のために大阪にいたので現物を受け取れなかったんです。収録はメンバーとのおしゃべりも楽しいし、自前のパジャマを着られるので本当にリラックスしています。リラックスし過ぎて、眠たくなっちゃうんですけどね(笑)。

【Profile】やました・みづき●1999年7月26日生まれ。東京都出身。O型。しし座。

取材・文=大小田真

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)