「ひよっこ」澄子&豊子に、“海藻モノマネ”の絆あり…!?

「ひよっこ」澄子&豊子に、“海藻モノマネ”の絆あり…!?

「ひよっこ」に出演する藤野涼子(左)と松本穂香(右)

連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)でヒロイン・みね子(有村架純)がトランジスタラジオ工場や乙女寮で時間を共にする、仲間たちに熱い視線が注がれている。

6月2日放送の第53回では、優等生・豊子(藤野涼子)が倒産の決まった工場に立てこもり“小さな反乱”を起こすなど、少女たちの等身大の葛藤や心の叫びが描かれた。SNS上には「涙無しでは見られない」「まさに名場面」といった感動のコメントがあふれている。

そんな“乙女”たちの中でも今大注目の“後輩コンビ”、豊子を演じる藤野涼子と、澄子を演じる松本穂香に話を聞いた。

なお、藤野と松本は時子役・佐久間由衣と共に、6月10日(土)放送の「土曜スタジオパーク」(昼1:50-2:50、NHK総合)に出演する。

──出演が決まった時の心境は?

松本:「朝ドラ」に出演するのは夢だったので、出られると聞いた時にはびっくりしましたし、うそなんじゃないかなって思いました(笑)。本当にうれしくて、家に帰った瞬間、玄関で泣きました。

藤野:私もまさか出演できるなんて思っていなかったので、台本を読んで出番の多さに驚きました。その時に、「毎朝放送されるドラマに出るんだから、普段から常に笑顔でいるように心掛けよう」と思ったんです。

──お互いの印象は?

藤野:みんなが沈んじゃった時にも、(松本は)面白いことを言って笑わせてくれるんです。

松本:そうでしたっけ?

藤野:そうです! 普段から澄子のままです。…あ、いい意味で!(笑)

松本:2人とも撮影現場で緊張しがちなので、リラックスするために、「海藻になる」っていうストレッチをやっているんです。手をつないで、脱力して…って(笑)。

──豊子と澄子はどんな関係?

松本:中学を卒業して上京してきた者同士、2人だけの絆があると思います。

藤野:そうですね。

松本:豊子が立てこもった時にも、気持ちが分かるので本当につらかった…。

──乙女寮のルームメートたちについては?

藤野:有村さんは、「頼もしい先輩!」という感じです。私がせりふをかんでしまったり、間違ってしまった時にも、「全然大丈夫だよ!」って言ってくださるんです。それを聞いた時に、「みんなが見守ってくれているから頑張れるんだ」と思って、前向きになれました。

松本:佐久間さんは、クールな方なのかなと思っていたのですが、いい意味で印象が変わりました。面白いし優しいし、“すてきな人”という感じです。澄子は(佐久間が演じる)時子のことが好きなのですが、もう私が好きなのか、澄子が好きなのか分からない!(笑)

藤野:演技の合間に、よくメモをとられていますね。演技が大好きな人、という印象です。

松本:小島さんは…しっかり者の幸子さんとは正反対かな(笑)。「おかえり」と「ただいま」を逆に言っちゃって、自分で気付いて爆笑されていました。でも、本番になった途端に、頼もしい幸子さんになるんです。それがすごいなって。(小島本人には伝えないけれど)尊敬しています。

藤野:私もです。小島さんも八木(優希)さんも、直前までラフに会話をしていても、本番になったらすぐに役に入り込んでいるんですよね。本当にすごいです。

──舎監の愛子役・和久井映見さんについては?

松本:愛子さんもいい人ですけど、和久井さんご本人もとてもいい人なんです! 寒い日にロケをしたことがあったんですけど、1人1人ネックウオーマーをプレゼントしてくれました。映画「君の名は。」(2016年)の話をしたりとか、同じ目線で会話をしてくれますね。「私、パンフレット2冊買ったよ!」って仰っていました(笑)。

藤野:誕生日にはプレゼントもいただきました。本当に優しい方です。

松本:(スタッフから)ケーキももらったよね? 誕生日の近い私たち2人に、サプライズで。

藤野:ケーキがベルトコンベアーで流されてきたんです。有村さんが、工場で部品付けるみたいにロウソクを立ててくださって(笑)。びっくりしました。誕生日の人がいるとみんなでお祝いする、温かい撮影現場です。

──最後に、メッセージを!

松本:澄子や豊子のように、中学を卒業して就職のために上京して来る子がいっぱいいた時代のことを勉強しました。そういう人たちがいたから今の日本があるんだっていうことを、もっと皆さんに知ってほしいです。

藤野:そうですね。「ひよっこ」は日本の経済の基盤を作った、60年代の方たちのお話です。この物語を、実際にその時代を生きた人にも、私たちみたいな60年代を知らない世代にも、みんなに届けてあの時代を考えてもらうきっかけになったらうれしいです!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)