田臥勇太らがB.LEAGUE初代王者に輝いた激闘の舞台裏を告白

田臥勇太らがB.LEAGUE初代王者に輝いた激闘の舞台裏を告白

B.LEAGUE初代王者の栃木ブレックスから、田臥勇太、渡邉裕規が「マイナビ Be a booster! B.LEAGUEウィークリーハイライト」に出演

6月1日(木)夜11時から放送の男子プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」専門情報番組「マイナビ Be a booster! B.LEAGUEウィークリーハイライト」(BS11)では、B.LEAGUE初代王者に輝いた栃木ブレックスから田臥勇太、渡邉裕規の2選手がスタジオに登場する。

5月27日、東京・国立代々木競技場第一体育館で行われたB.LEAGUE FINAL 2016-17では、川崎ブレイブサンダースと栃木ブレックスが対決。激闘の末、栃木が85-79で試合を制し、B.LEAGUE初代王者に輝いた。

B.LEAGUE公式コメントで、田臥は「本当に全員で積み上げてきました。わがままを言う選手は1人もいない。チーム全員での戦いが、シーズンが進むにつれて強くなり、ファイナルの舞台でさらに形となって優勝できました。本当にこのメンバーで優勝できて嬉しいです」と語っている。

番組では、スタジオでMCの秋元才加とコメンテーターの生島淳が、ゲストの田臥・渡邉と共に、この試合のVTRを振り返る。わずか6点リードという接戦の前半を受けて、ハーフタイム中、選手同士どのような言葉をかけあったのか、また、後半に向けてどんな作戦を立て臨んだのかなど、田臥らは緊迫感ある試合中の話を明かす。

さらに2選手からは、チャンピオンシップファイナルを制し、受け取ったチャンピオントロフィーについて、また、ビールシャンパンファイトについてなど、B.LEAGUEの記念すべき初代王者になった喜びの声も。一体どんな話が飛び出すか注目だ。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)