藤原竜也、圧巻のクズっぷり! 狂気をはらんだ“首絞めシーン”解禁

藤原竜也、圧巻のクズっぷり! 狂気をはらんだ“首絞めシーン”解禁

女性編集者の首を絞めながら要求を突きつける曾根崎雅人(藤原竜也)

6月10日(土)より全国公開となる「22年目の告白−私が殺人犯です−」の本編映像が新たに到着。藤原竜也・伊藤英明W主演の本作は公開まで10日を切り、公開を待ちわびる声が日に日に高まっている。

その中でも注目を集めているのが、藤原の新たなるクズ役・曾根崎雅人。美しい容姿を持ち、日本中を狂わせる殺人犯が、本映像では実際に女性の首を絞めながら脅迫する姿を切り取っている。殺人犯・曾根崎の、とんでもないクズっぷりが目撃できる映像は必見だ。

22年前に起きた連続殺人事件は未解決のまま時効を迎え、“絶対に捕まらない殺人犯”として突然現れた曾根崎(藤原)は、事実の真相を語る告白本「私が殺人犯です」を出版する。

一方、曾根崎によって全てを失った牧村刑事(伊藤)は、曾根崎に尊敬する上司をも殺された過去があった。美しい殺人犯の登場により日本中で“ソネ様ブーム”が巻き起こる中、牧村は憎しみが募るばかり。そして殺人の告白により新たな事件が巻き起こる。

到着した本編映像には、曾根崎と告白本を担当した女性編集者の緊迫したやりとりが描かれている。

女性編集者が「初版30万部重版決定、上半期1のベストセラーは間違いありません」とうれしい知らせを告げるも、曾根崎は「足りないな」と冷たく回答。「お願いしていたテレビ出演はどうなりました?」と尋ねるが、テレビ出演の交渉は難航していると担当編集者は答える。

すると、曾根崎はいきなり彼女の首を絞めながら「もっと徹底的に売ってください」と脅迫。

自身の本を出版してくれた“仲間”ともいうべき女性編集者に対しても冷たくむちゃな要求を突きつける姿は、まさしくクズそのもの。しかし、センセーショナルな告白本で話題を集め、曾根崎は社会現象を巻き起こす。彼の真の目的は他にあるのではないかとも思わせる、印象的なシーンだ。

藤原といえば、日本を代表する演技派俳優として数々の作品でその存在感を発揮してきた。中でも「カイジ 人生逆転ゲーム」(2009年)で演じた借金漬けのヘタレ系クズ・伊藤カイジや「藁の楯」(2013年)の幼女連続殺人犯・清丸など、人間のクズの迫真の演技で演じてきた藤原は、次第に“クズ役”を求められるようになってきたという。

本作においても、SNSで「藤原竜也のクズぶりが気になる」「藤原さんの演技がどんなものかめちゃくちゃ楽しみ」といったコメントが既に数多く上がっているほどだ。そういった期待に応えるように、本作でも圧巻のクズぶりを見せ付ける藤原の姿は、ぜひ劇場で目撃してほしい。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)